べっぴんさんの12週「やさしい贈りもの」のあらすじのネタバレです。11週「やるべきこと」のラストですみれはキアリスを辞めることを宣言しました。当然残されたメンバーの動揺は相当なものですよね。12週ではそんなすみれが抜けた後のキアリスの様子が描かれることになります。

・・・まあ、結局はすみれはキアリスに戻ることになるのですが、家族のことが疎かになってしまえば元の木阿弥となってしまいますよね。そんなときに立ち上がったのが実は紀夫です。紀夫の一大決心とは一体何でしょうか?

スポンサーリンク

べっぴんさん 12週のネタバレ①すみれが抜けた直後にいきなり難問が!?


11週「やるべきこと」のラストのすみれ(芳根京子)の宣言に対する明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)たち3人が出した答えは「すみれを明るく送り出そう」ということでした。

もちろん、3人にすみれを引き止めたい気持ちはないとは言えません。それはすみれがキアリスになくてはならない存在であったからです。しかし、だからこそすみれが相当の覚悟を持って「辞める」と決めたとなればそれを止めることは誰にもできませんでした。

すみれは仕事の引き継ぎの一方であることを提案します。それは今までのベビー相談室での相談内容とその回答を1冊の「キアリスガイド」にして配ったらどうかということでした。まあ、キアリスにとっては貴重な情報なだけにそれを無償で広めることになりますので、男性陣は反対するわけですが・・・。

そして、すみれはキアリスを辞め、主婦業に専念することになります。キアリスは残ったメンバーでやっていくことになりますが、そんなキアリスに早速問題が発生します。それは大急百貨店からクリスマス商戦に向けた目玉商品の企画の話でした。すみれの後任として打ち合わせに出席した君枝は突然の難問に頭を抱えることになります。

一方の明美も別の問題を抱えていました。明美はベビー相談室の内容を「キアリスガイド」にまとめていたのですが、その内容が余りに固すぎると指摘されてしまったのです。結局のところ、明美たちはすみれに相談しにいくこととなったわけです。

べっぴんさん 12週のネタバレ②やはりすみれはキアリスには必要!?


すみれは既にキアリスから離れた身ではありますが、明美たちの相談を快く引き受けます。「キアリスガイド」についてはすみれも自宅で出来る範囲で明美の仕事を手伝うことにします。

そして、君枝の相談に対しても、すみれは解決策を見つけました。それは自宅で紀夫(永山絢斗)とさくら(粟野咲莉)の3人でクリスマスプレゼントを作っているときのことでした。紀夫がたまたまブリキの玩具に飴玉を入れているのを見たすみれはこれをクリスマスの目玉にしたらどうかと考えたのです。

すみれの協力により、キアリスは一先ずのピンチを切り抜けることができます。明美たちは改めてキアリスでのすみれの存在の大きさを痛感します。そして、紀夫もまたすみれがキアリスをずっと気にしていることに気づくのでした。

べっぴんさん 12週のネタバレ③紀夫の決断!クリスマスパーティでの宣言内容とは?


紀夫はやはりすみれはキアリスに戻るべきだと考えます。そして、自分もそんなすみれを陰から支えていきたいと思うようになります。また、実はキアリスはもう一つ問題を抱えていました。

今まで、キアリスの経理は紀夫と良子の夫の鉄二(田中要次)、君枝の夫の昭一(平岡祐太)が手伝っていました。しかし、クリスマス商戦で作業量が膨大になっている状況に仕事の片手間で手伝うことに限界が見えていたのです。

そこで、紀夫が出した結論は「自分が会社を辞め、キアリスの経理担当を専任する」ということでした。しかし、紀夫は坂東家の当主です。つまり今勤めている「坂東営業部」を辞めるということはその当主の責務を放棄することになります。

そこで、紀夫は近江の本家にいる五十八(生瀬勝久)に頭を下げ、坂東営業部を辞め、すみれの仕事を手伝うということを報告しに行きます。予告映像で紀夫が「申し訳ありません」と紀夫が土下座をしているのは恐らくこのシーンである可能性がかなり高いです。

五十八は紀夫の申し出を快く認めます。しかし、「やるからには全力でサポートするように」と紀夫にアドバイスをします。

そして、紀夫とすみれとさくらはキアリス主催のクリスマスパーティに招待されます。潔(高良健吾)は「これからは別の道や」と紀夫の背中を押し、紀夫は全員の前で「坂東営業部を辞め、すみれがキアリスで働けるように支えたい」と宣言します。

良子と君枝と明美の3人はすみれがキアリスに戻ると聞いて当然喜びを隠せません。しかし、実は当のすみれは紀夫の決心については知りませんでした。突然の紀夫の宣言に一瞬は戸惑いながらも、紀夫が公私共に自分を支えてくれる事に感謝にキアリスに戻ることを決意します。

こうして、全てがうまく収まったところで、サンタに扮した麻田(市村正親)のクリスマスソングがその場を盛り上げるというわけです。

以上が、べっぴんさん12週「やさしい贈りもの」のすみれと紀夫の話です。すみれにとっては紀夫の決心が「やさしい贈りもの」となったのは間違いありません。実は12週ではこの裏でゆりと潔のエピソードもあるのですが、それについてはこちらにまとめました。
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/12th-week-netabare-kiyoshi-yuri/”]

※べっぴんさんの年末年始の放送予定についてはこちらにまとめました。
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/year-end-and-new-year-specials/”]

以上、べっぴんさん12週「やさしい贈りもの」のすみれ・紀夫編のネタバレでした。