朝ドラ「べっぴんさん」の視聴率に関する記事です。NHK朝ドラといえば他の民放のドラマに比べて視聴率が高めなんですよね。前作の「あさが来た」「とと姉ちゃん」と高視聴率が続いているだけに今回の朝ドラ「べっぴんさん」もどうなのか気になりますよね。

スポンサーリンク

朝ドラ「べっぴんさん」1話の視聴率は過去に比べて高め?それとも低め?

ea3c5e47c5fef95b5873639ba053d8c4_s
朝ドラ「べっぴんさん」の第1話の視聴率が早速発表されましたね。具体的には21.6%という視聴率でした。他の民放のドラマでは10%キープがボーダーと言われているだけにこの数字は「超大ヒット」ですよね。しかし、過去の朝ドラと比べるとどうなんでしょうか?

[blogcard url=”http://www.oricon.co.jp/news/2079401/full/”]

そこで直近の朝ドラの視聴率と比較してみることにしました。具体的には2013年春夏の朝ドラ「あまちゃん」から8作品の1回目の視聴率で比較してみました。

ドラマ名 放送期間 視聴率
あまちゃん 2013年4月~2013年9月 20.1%
ごちそうさん 2013年9月~2014年3月 22.0%
花子とアン 2014年4月~2014年9月 21.6%
マッサン 2014年9月~2015年3月 21.3%
まれ 2015年4月~2015年9月 21.2%
あさが来た 2015年9月~2016年3月 21.2%
とと姉ちゃん 2016年4月~2016年9月 22.6%
べっぴんさん 2016年9月~2017年3月 21.6%

残念ながら直前に放送された「とと姉ちゃん」1回目放送に比べれば若干低めです。しかし、よく見ると「とと姉ちゃん」の初回視聴率は過去8作品の朝ドラの中でトップです。つまり、「とと姉ちゃん」の視聴率が逆に高すぎたということなんですよね。

また、「べっぴんさん」の1話目の視聴率は歴代8作の中では3位タイです。ですので、スタートダッシュは順調といったところではないでしょうか?

※個人的にはあの大ヒットと言われた「あまちゃん」が過去8作品の中で一番低いというのがちょっと意外でしたが・・・。

朝ドラ「べっぴんさん」 今後の視聴率はどうなる?

a2641656f8535acc5aa3bced698ff5e5_s
早くも朝ドラ「べっぴんさん」の2話目の視聴率が20.5%と発表されました。1話目に比べると若干下がってはいるものの今度の視聴率については正直なんとも言えないですよね。

実際、前作「とと姉ちゃん」でも2話目の視聴率が一旦下がりましたが、その後は22.5%~23%の間で安定していました(後半では24%超えが何回かありました)。それに「あさが来た」のように物語が進行するごとに数字が上がってくるという例もあるんですよね。

結局は朝ドラ「べっぴんさん」のドラマの内容次第ということになってしまうわけです。とはいえ、「べっぴんさん」を見るときはあまり視聴率の数字は気にせず、素直にドラマの内容を楽しむことにしましょうね。

【随時更新】現在のべっぴんさんの視聴率は?(週次更新予定)

2016年10月30日現在のべっぴんさんの視聴率についてお知らせします。ちょうど第4週の「四ツ葉のクローバー」の放送が終わったタイミングということになります。

放送週 サブタイトル 視聴率
1 想いをこめた特別な品 10/3(月) 21.6
10/4(火) 20.5
10/5(水) 20.4
10/6(木) 20.2
10/7(金) 18.3
10/8(土) 18.7
平均 20.0
2 しあわせの形 10/10(月) 18.7
10/11(火) 20.6
10/12(水) 20.6
10/13(木) 20.8
10/14(金) 18.7
10/15(土) 19.4
平均 19.8
3 とにかく前に 10/17(月) 19.9
10/18(火) 20.8
10/19(水) 21.3
10/20(木) 20.8
10/21(金) 19.7
10/22(土) 19.9
平均 20.3
4 四ツ葉のクローバー 10/24(月) 19.6
10/25(火) 20.2
10/26(水) 20.7
10/27(木) 19.3
10/28(金) 20.1
10/29(土) 20.9
平均 20.1

どうしても前作の「とと姉ちゃん」と比べてしまうのは朝ドラの宿命なのでしょうか。常に20%超えをキープしていた「とと姉ちゃん」よりは残念ながら「べっぴんさん」の視聴率が若干低めなのは否めません。実は「べっぴんさん」の視聴率についてこんなことも言われています。

[blogcard url=”http://biz-journal.jp/gj/2016/10/post_1497.html”]

しかし、途中で視聴率が回復していますし、20%を下回ったのはあくまで一時的なものなんですよね。まあ、民放のドラマで考えれば仮に20%を切っていてもかなり高視聴率とも言えるんですけどね・・・。

逆にこれで「急降下」とか「爆死」ってどれだけハードル高すぎなんですか、とツッコまれそうですよね。

確かにべっぴんさんのここまでの話を見ると、若干展開が急すぎて話についていくのがちょっと難しいです。しかし、展開が急なのはあくまでここまでです。これから段々と話の流れがゆっくりになっていきますので安心してください。

※「べっぴんさん」の視聴率情報については今後随時更新していきます。

以上、朝ドラ「べっぴんさん」の視聴率についてでした。