2017年春夏の朝ドラ「ひよっこ」のキャストの峯田和伸さんについての記事です。峯田和伸さんは有村架純さんが演じるヒロイン・みね子の叔父役となるわけですが、そもそも峯田和伸さんの名前をあまり聞いたことない人って意外と多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

朝ドラ ひよっこのキャスト 峯田和伸の役柄は?役作りのために免許取得!?

朝ドラ「ひよっこ」の峯田和伸の役はヒロインの叔父・小祝宗男です。宗男は「故郷篇」に出演し、ドラマではムードメーカーとしての役割のようです。宗男の特徴は大きな声でよく笑うことです。この宗男の笑い声がその場の雰囲気を和やかにするというわけです。

また、一方で宗男の気持ちは常に世界を向いていていつもスケールの大きい話をします。と言っても宗男自身は東京にすら出たことがないとやや小心者の一面も持っています。村の若者にとっては憧れやすい存在ということなんでしょうかね。

とはいえ、ヒロイン・みね子の正確は非常にのんびりとしており、宗男の話は何となく他人事として聞き流している姿が想像できるのですが、ドラマ「ひよっこ」ではみね子と宗男がどう関わるのか気になるところですよね。

※ひよっこの全体のキャストについてはこちらをどうぞ。

朝ドラ ひよっこのキャスト 峯田和伸って誰?パンクの逸話が多い!?

峯田和伸さんは俳優のほかにもシンガーソングライターという肩書を持っています。というか峯田和伸さんの名前を知っている人のほとんどが「ミュージシャンの峯田」のほうが馴染みがあるのではないでしょうか。実はミュージシャンの峯田和伸さんはかなりの伝説を持っています。

峯田和伸さんは元GOING STEADY、通称ゴイステのメンバーでした。そして現在は銀杏BOYZでボーカルとギターを担当しています。このゴイステ、そして銀杏BOYZで峯田和伸さんはかなり過激なパフォーマンスをすることで有名なんですよね。

簡単に言ってしまえばライブやコンサートで峯田和伸さんはとにかく開放的になりたがるようで、服を脱ぐことが非常に多いんですよね。実は海外でのライブではこれが大問題になることもありました。またはメンバーが謝罪することもあったそうですね。

しかし、ゴイステにしても銀杏BOYZにしても単なる色物バンドというわけではなく、曲自体もかなりクオリティが高いと評価されています。ですので峯田和伸さんの根強いファンも非常に多いことも事実です。実は映画の挿入歌にも使われた曲もあるんですよね。

例えば、銀杏BOYZの「BABY BABY」や「銀河鉄道の夜」は橋本愛さんと宮崎あおいさん出演の映画「バースデーカード」の挿入歌にも使われたほどでした。主題歌は残念ながら銀杏BOYZではありませんでしたが挿入歌でも存在感を出していたことは間違いありません。

※銀杏BOYZは曲名がちょっと過激なものがあるのがちょっと玄人向けなところがあるんですよね・・・。

朝ドラ ひよっこのキャスト 峯田和伸はドラマ主演もこなす名優!?


ここまで聞くと峯田和伸さんのアーティストとしての印象が強烈すぎるだけに俳優業は片手間なのかな?と思う人もいるかもしれません。しかし、実はそんなことはないんですよ。ちなみに峯田和伸さんの俳優として初めての仕事は2003年の映画「アイデン&ティティ」です。

ですので俳優業も意外と長いんですよね。しかも2016年4月~6月放送のBSプレミアムの連ドラ「奇跡の人」ではなんと主演にも抜擢されています。放送時間は日曜日の夜10時からの50分間で共演は麻生久美子さんとかなり本格的なドラマです。

実はこのときの原作と脚本を担当されていたのが朝ドラ「ひよっこ」の脚本担当の岡田惠和さんなんですよね。つまり今回の峯田和伸さん起用は「奇跡の人」での演技も高く評価されたともいえるでしょう。

「ひよっこ」の宗男はなんとなくパンクな雰囲気もありそうなのですが、峯田和伸さんがどのように演じ、ヒロインと関わっていくのか要注目ですね。

>>> ひよっこの宗男おじさんと峯田和伸さんについてはこちらにもう少し詳しくまとめてみました。

以上、朝ドラ「ひよっこ」のキャストの峯田和伸さんについてでした。最後までご覧いただきありがとうございます!