とと姉ちゃん 24話のネタバレです。

23話で常子は同級生の嫌がらせで
カンニングという不正疑惑をかけられてしまいました。

疑惑を晴らすために常子は再試験に向けて猛勉強を始めます。

同級生でクラストップの綾の協力も無理やり得て、準備万全の常子ではあったのですが、
優秀な成績をとっただけでは疑惑が晴れなかった
というのが24話の内容となります。

実はここで綾のちょっとした秘策が功を奏したわけですが、それは一体なんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 24話の綾は常子に協力的過ぎる!?その行動は?

23話でしつこいくらいの常子(高畑充希)の頼みごとに渋々勉強を教えることを了承した綾(阿部純子)。

しかし、その割には24話では綾が常子に協力的なシーンを度々見かけることとなりました。

そもそも、最初に常子が綾に頼み込みに行ったのは
女学校内ではなく、綾の自宅でした。

考えてみればここで門前払い、ということも可能は可能だったのですが、
綾はそのまま常子を家に迎え入れています。

その後も、何度も常子は勉強を教えてもらうために綾の家を訪ねているわけですが、
お茶菓子が出るほどの高待遇でした。

※まあ、綾が、というより綾の家が常子に友好的だった、とも言えるのですが・・・。

また、綾自身も常子の家(正しくは住み込み先)にわざわざ足を運んできているんですよね。

そこで、何気なく綾が君子(木村多江)に
常子に不正疑惑がかけられている
という話をしたことがきっかけで
常子は再テストに向けた勉強に集中させることもできました。

これだけでも綾の協力が非常に常子の助けとなったわけですが、実はそれだけではありませんでした。
再試験の当日の綾の「ある」行動が常子の疑惑を晴らす決定的な証拠となったのです。

再試験でも常子の疑惑は晴れず!?綾の秘策とは?

そして、迎えた歴史の再試験。

常子は一位にはなれなかったものの二位の成績を収めることができました。
成績としては悪くないものの、残念ながら
これでは完全に常子の疑惑を晴らすことができなかったのです。

元々常子の不正疑惑をでっち上げたのは同級生の大倉(三浦萌)でした。
大倉は常子のせいで自分が三位だったのも気に入らないこともあったのでしょうか?

大倉は綾が一位で常子が二位だった事実を利用し、
常子が綾の答案をカンニングしたのではないか
と言いがかりを付けます。

それに大倉の取り巻きの同級生も加わり、
常子の努力も虚しく再び不正疑惑が起こったのです。

しかし、綾にはちょっとした秘策がありました。

それは再試験に向けた綾の家での勉強シーンに遡ります。
ここで、綾は
応仁の乱の西軍、東軍の大将の名前が必ずテストに出る
と常子に助言していたのです。

綾の予想は見事的中しました。
常子はもちろんちゃんと覚えていたので、その問に正解することができました。

しかし、綾はその問に空欄で回答したのです。

もし本当にカンニングしたのであれば、常子もまた空欄で回答したはずですよね。
これには大倉も反論することはできませんでした。

こうして常子のカンニング疑惑は見事に晴らされた、というわけです。

以上、とと姉ちゃん 24話のネタバレでした。