べっぴんさんの感想についてのまとめ記事です。とはいえ、べっぴんさんは全部で151話と非常に長丁場ではあるため、一記事にまとめるのはさすがに無理ですよね。そこで何回か分けることにしました。そんなべっぴんさんの感想のまとめの第1回目は明美についてです。

実は周りに感想を聞いてみると4人の中で明美は意外と人気があるんですよね。やはり明美の人気の理由はアレなんでしょうか?

スポンサーリンク

べっぴんさんの明美に対する感想は?

35556f2667f5dd6ad9ad11b629a48e79_s
べっぴんさんの明美といえば、谷村美月さんが演じる小野明美のことですが、何人かに感想を聞いてみたところ、いくつかの回答をいただきましたので、ここで紹介したいと思います。

子供のころは母親が坂東家の家政婦をしていて、貧しい生活をしていた。
クッキーを置いていたテーブルを見ていただけで、泥棒扱いされ傷ついた幼少時代。
手に職をもって自立した女性になった明美だったが、母親を早くに亡くす。
それでも戦後、看護師と働いていたところ、独身だからといった今では考えられないようなことで解雇となる。
度重なる理不尽な出来事がある中でも生きていかなければならない。
その当時は、すみれの様に生活ぶりがいい人たちのほうが数少ない中、ドラマの中で明美さんが主人公やその仲間たちに嫉妬する気持ちが垣間見えるシーンも気になります。
毎週、少しづつ変化が見受けられるので、今後が気になります。
強く生きてきた人だからこそ、物語のどこかで幸せになって、四葉のクローバーみんなで幸せを分かち合ってほしいと思いながら今後が気になります。
最初、主人公のすみれに当たりが強くあまり好きになれなかったけれど、お店を出すことに協力したりしてとても優しくなっているのが本当は心優しい人なんだなと感じます。
これからもすみれを助けていってほしいなと思います。
べっぴんさんを見始めるまでは、明美役の谷村美月さんが正直、あまり好きではありませんでした。
ただ毎日見ているうちに、谷村さん演じる明美の揺れる気持ちが手に取るように分かってきて、役ともども好きになりました。
どこか心に闇を抱えている彼女が、すみれや他の人たちとのかかわりによって、どのように心をほどいていくのか気になります。

共通して言えるのは「最初は明美があまり好きではなかったけど、物語が進むにつれだんだんと明美の良い面が目立ってきて気になってきた」という感想のようですね。

べっぴんさんの明美が好感度が高い2つの理由とは?

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s
せっかくなので、明美の好感度が高い理由について考えてみました。すると大きな理由が2つあることが分かりました。それぞれ紹介します。

理由①第一印象とのギャップ

明美自身は第1週の幼少期(坪内花菜)から登場していたものの、ヒロインのすみれ(渡邉このみ→芳根京子)と本格的に絡むようになったのは3週「とにかく前に」からです。ただし、この時の明美はとにかくすみれへの態度が異常なまでに攻撃的でした。

まあ、そこには明美の母・マツ(中島ひろ子)と坂東家とのことがあってのことだったわけですが、もちろんこのときの明美に良い印象を持つのはちょっと厳しいですよね。

しかし、そんな明美も次第にすみれを支えていくことになります。良子(百田夏菜子)と君枝(土村芳)の二人がベビーショップあさやを辞めたときも明美は文句を言いながらもすみれの徹夜作業にしっかりと付き合っていました。

まあ、言ってみれば明美は回を重ねるごとにだんだんと「いい人」になっていくんですよね。そんな最初とのギャップが明美の好感度を上げているのは確実ですよね。

理由②明美が一番共感しやすい!?

ベビーショップあさや、そしてキアリスで働く4人の女性のうち、すみれと良子、それに君枝の3人は完全なお嬢様です。そのため、3人の言動に共感しにくいところがあるのは致し方ないですよね。その中で明美だけは「庶民」の出でありますので、一番考え方がしっかりしていています。

ですので、話の流れで「ちょっと都合がよすぎない?」と思われる部分もしっかりドラマの中で明美がツッコんでくれているんですよね。そういう意味で他の3人に比べて明美の言動は非常に共感しやすいわけです。

また他の3人とは違い、明美だけが「独身」です。そのため、何となく「明美にはしあわせになってほしい」と変な思い入れが湧いてしまうんですよね。これって私だけでしょうか?

とはいえ、明美に関しては今後べっぴんさんで恋愛話もあるようなので、期待して放送を待ちたいと思います。例えばこんな話とかですね。
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/beppinsan-eisuke-akemi/”]

以上、べっぴんさんの明美の感想のまとめでした。