べっぴんさんの保育所のロケ地についての記事です。具体的にはべっぴんさんの9週「チャンス到来!」から登場する保育所ですね。ちょっと洋風のオシャレな建物なのでどこにあるのか非常に気になりますよね。

スポンサーリンク

べっぴんさんの保育所についておさらい

7d3bc29863e43257f20aa1fdbfd68057_s
べっぴんさんで保育所は12/1(木)放送回に登場しました。このときはキアリスの仕事ですみれ(芳根京子)たちが多忙となり、その一方で女中頭の喜代(宮田圭子)も体力的につらくなってきた時期です。

そのため、すみれの娘のさくらと良子(百田夏菜子)の息子の龍一を保育所に預けることになったんですよね。ただし、君枝(土村芳)の息子の健太郎は引き続き琴子(いしのようこ)が面倒を見ることになったようです。

※とはいっても龍一についての後で保育所からお断りの連絡が来てしまい、琴子が一緒に面倒を見ることになったようですが・・・。

さくらたちはキリスト教系の保育所に預けられました。保育所というよりはすみれたちがかつて幼少期を過ごした洋館に似ていてかなりおしゃれな雰囲気でしたよね。

べっぴんさんの保育所のロケ地はどこ?意外にすみれの洋館に近い!

849aec516f3986825d36ae03c2a2d300_s
べっぴんさんの保育所のロケ地は「旧グッゲンハイム邸」です。かつてはドイツの貿易商のグッゲンハイム氏が住んでいたお屋敷です。

ちなみに「グッゲンハイム」で検索すると一番にヒットするのはソロモン・R・グッゲンハイム氏です。このグッゲンハイムさんはアメリカの貿易商でニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館の創始者です。

旧グッゲンハイム邸に住んでいたグッゲンハイムさんとは別人ですので、ご注意ください。

そんな旧グッゲンハイム邸の場所がこちらです。

兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17

ここで「塩屋」という場所におや?と思った人もいるかもしれません。そうです。実は1週~2週の間、すみれが過ごした洋館のロケ地だった「旧ジェームス邸」も塩屋でしたね。ここで改めて場所を確認してみましょう。

兵庫県神戸市垂水区塩屋町6-28-1

実は旧グッゲンハイム邸の位置は旧ジェームス邸から見るとJR塩屋駅、または山陽電鉄の山陽塩屋駅を挟んだ向こう側にあります。距離からすると旧ジェームス邸が塩屋駅から400m、旧グッゲンハイム邸は200mくらいでしょうかね。

※旧ジェームス邸にいく場合はそもそも塩屋駅からではなく、滝の茶屋駅からのほうが近かったですよね。

やはり神戸の洋館はべっぴんさんの時代にピッタリ合っているということなんでしょうね。今後他の洋館もべっぴんさんのロケ地として使われる可能性はかなり高いということでしょうか?

↓↓↓ ジェームス邸についてはこちらをどうぞ
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/beppinsan-filming-location/”]

べっぴんさんの保育所のロケ地の使用上の注意!?

bdce95fb60f1c216cd0ee8c35ac2cee4_s
べっぴんさんの保育所のロケ地の旧グッゲンハイム邸は現在イベントスペースとして使われています。今までには以下のイベントが開催されました。

  • パーティ(結婚式、同窓会等)
  • 文化的なイベント(音楽、ダンス、演劇、映画上映等)
  • ロケ(撮影、録音)
  • その他各種カルチャースクール

もちろん、現在も旧グッゲンハイム邸ではイベントが開催されています。詳細はこちらをご覧ください。

ちなみに上記以外のイベントはNGか?というとそういうわけでもありません。実際に相談してみるのがよいでしょうね。
※もちろん、あまりにもこれは・・・というのはさすがにお断りされる可能性はあります。

相談先
http://nedogu.com/contact.html

まあ、それよりも気になるのは観光で中が見られるのか?ということですよね。これについて確認して見たところ、残念ながら観光目的では開放はしていないそうです。

やはり築100年を超える建物ですので、建物の保全という意味では用途はイベントスペースに留めたいとのことでした。

とはいえ2016年12月時点では毎月第3木曜日に旧グッゲンハイム邸の無料見学会を開催しています。中を見るのはそのタイミングということになりますね。

以上、べっぴんさんの保育所のロケ地についてでした。