べっぴんさんの10週「商いの聖地へ」のネタバレの記事です。実は予告映像や公式ページのあらすじを見ると、「委託販売」というキーワードが妙に気になりますよね。

この「委託販売」は一度はキアリスの大急百貨店への出店の話を断ったすみれたちに対して大島が提案した内容です。一体どういうものなのでしょうか?紀夫たちが「委託販売」にあまり乗り気でないのもちょっと気になるんですよね。

スポンサーリンク

べっぴんさんの10週で登場したキーワード「委託販売」の本来の意味とは?

7d3bc29863e43257f20aa1fdbfd68057_s
まずは委託販売について調べてみました。

委託販売(いたくはんばい)
consignment sale

商品の製作者、所有者が、問屋,小売業者に期限を定めて販売業務を委託する商いの方式。
期限時に残品の返品、売上代金の決済で商いが完了する。

出版社が取次会社に委託し、取次会社から書店に配本され、売れ残れば返本できるという日本の出版物の流通制度がその典型的な例である。

※ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典から引用

要するにキアリスの商品として販売だけを大急百貨店に任せるというのが委託販売の本来の意味のようですね。9週「チャンス到来!」ではすみれ(芳根京子)たちは小山(夙川アトム)に商品につけたキアリスのタグを外し、「大急特選」のマークを付けるように指示されました。

さらには製造工程にまで口出しをされることになりましたよね。これは大急ブランドとしてキアリスの商品を売るためだったんですよね。しかし、すみれたちはこの大急百貨店のやり方に反発して「なかったことにしたい」と発言しました。

一方の委託販売では、タグの付け替えや製造工程の見直しなどはする必要もなく、今まで「キアリス」で売っていた商品をそのまま大急百貨店で売れるということになります。販売は大急百貨店側で行うことになるので、まさにすみれたちにとっては至れり尽くせりですよね。

ところが、大急百貨店の社長・大島保(伊武雅刀)が提案した「委託販売」は本来の意味とは微妙に違うことが判明しました。

べっぴんさんで10週で大島が提案した「委託販売」の意味は?

ea3c5e47c5fef95b5873639ba053d8c4_s
べっぴんさん 10週「商いの聖地へ」の冒頭で大島はすみれに話を断った理由をすみれに聞きました。するとすみれは

「売り場から、売れ残りといって、商品を処分されてゆくのを見て、悲しくなりました。」

「見本品としてお渡しした物にペンで印が描かれていました。
見本品でも。思いを込めて、一針一針縫った物です。
それが分からない人たちには、お任せできないと思ったんです」

あまりにもハッキリとし過ぎる物言いに同席した紀夫(永山絢斗)は慌ててその場を繕おうとしましたが、大島はすみれの話を素直に聞き、あることを提案しました。

それは、大急百貨店の売り場を10日間貸すという内容でした。つまり大急百貨店の一角でキアリスの商品をすみれたちの好きなように売ってみてはということでした。

本来の委託販売は売り子は大急百貨店側の人員が行うわけですが、それもキアリス側で好きなようにやってほしいというわけです。すみれ、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)の3人は「キアリス」をたくさんの人に知ってもらうチャンスとして大島の提案に対してかなり前向きでした。

しかし、明美(谷村美月)と紀夫たち男性陣はこの大島の「委託販売」に対してある懸念を示していたのです。

べっぴんさんで10週の大島の「委託販売」はすみれたちに厳しすぎる!?

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
元々、キアリスはすみれ、良子、君枝、明美の4人が働いていました。もちろん、武も住み込みで働いていますが、まだ修行中の身であり、表に立ってお客さんの相手をしているわけではないんですよね。

今回の大島の「委託販売」では売り子もキアリスから出さなければなりません。元々の「キアリス」もそれなりに繁盛している状態ですので、4人のうち誰かが大急百貨店に立つというのはあまりに厳しい状態なわけです。

まあ、店の売り子については悦子(滝裕可里)が知り合いとともに引き受けてくれたことで何とか解決するわけですが、問題はそれだけではなかったのです。

当初は大急が一旦キアリスの商品を買い取り、それを百貨店で売ることになりますので、キアリスは契約が打ち切られない限りは絶対に損をすることはありませんでした。しかし、今回の委託販売は商品が売れなければその損失は全てすみれたちに返ってきます

それに悦子にお願いするにしてもさすがにただというわけにはいきません。人件費はもちろん場所代は全てすみれたちが負担しなければならないというわけです。

要するにキアリスにとっては、今までよりも厳しい条件となってしまったわけです。結果的にはすみれたちはこの10日間は無事乗り越えることができました。しかし、このことがきっかけで今まで以上に多忙となったすみれはある悩みを抱えることになります。

その悩みですみれはある意外な決断をすることになってしまいます。ただし、それは11週の話でもう少し先の話となりますので、ここでは割愛したいと思います。

以上、べっぴんさん10週「商いの聖地へ」の「委託販売」についてのネタバレでした。