べっぴんさんの第1週「想(おも)いをこめた特別な品」のネタバレです。第1週ではドラマのヒロイン・坂東すみれの紹介から始まり、すみれの幼少期時代の話が描かれます。ここではメインの一つであるすみれと母・はなとのエピソードについて紹介します。

スポンサーリンク

べっぴんさん 1週のネタバレ① 「想いをこめた特別な品」とは何のこと?

8f1d0dfcd00c7b06abc25abed8b69dbc_s
べっぴんさんの第1週「想(おも)いをこめた特別な品」でのすみれの幼少期の時代は昭和9年です。ちょうどこのころすみれの父・五十八(生瀬勝久)は神戸に洋館を建て、そこに移り住むことになります。

元々五十八の実家は近江で布の売買を行っていました。五十八はそこで長男と折り合いが付かず、家を出て独立します。そして妻のはな(菅野美穂)と二人三脚で「坂東営業部」を始めました。この五十八の会社が成功したことで神戸に屋敷を建てるまでになったのです。

しかし、この家に実際に住んだのは五十八と長女のゆり(内田彩花)、そしてすみれ(渡邉このみ)の3人でした、すみれの母・はなは洋館が完成する前に体を壊してしまい、それから入院生活を送ることになってしまったのです。

すみれは大好きな母親・はなのために一生懸命刺しゅう作りをするというのが、幼少期のメインの話になります。すみれがはなのために本当に「想いをこめた特別な品」を作るまでの経緯を確認してみましょう。

べっぴんさん 1週のネタバレ② 靴づくりと刺しゅうの意外な関係!?

eb185a5e3e4ec96c0a2c01333ba35179_s
すみれは入院中のはなのために刺しゅうに取り組むことを決意します。とはいえ、それまですみれはまともに刺しゅうを習ったことはなく、母の見よう見まねでした。もちろんはなのようにはうまくはいかないわけですが、それでも一応は刺しゅうを完成させます。

そして、いよいよすみれは刺しゅうをはなのところに持っていきます。すみれの刺しゅうは「ゆりとすみれ」でした。しかし、周囲にはその刺しゅうが「ゆりとすみれ」とはわかりづらく反応はかなり微妙なものでした。そして極めつけが五十八の「なんやこれ」という一言でした。

すみれは自分の刺しゅうが酷評されたことにショックを受けます。すみれはその場を飛び出してしまいました。しかし、すみれははなへの贈り物を諦めたわけではありませんでした。もう一度刺しゅうをやり直すことにしたのです。

とはいえ、すみれの刺しゅうはなかなか上達するわけではありませんでした。幼馴染で8歳年上の野上潔(大八木凱斗)にも応援され、一生懸命刺しゅうに挑むすみれでしたが、正直行き詰まっていました。

そんな矢先、すみれは靴屋の麻田(市村正親)と出会うことになります。麻田は神戸の「港町商店街」で「あさや靴店」を営んでおり、度々坂東家に出入りしていました。この日は姉・ゆりの靴の注文を受け足型を取りにやってきていました。

そこですみれは興味深い話を聞きます。それは靴作りにも針と糸を使うということです。刺しゅうもまた針と糸を使うことは言うまでもありませんよね。そこですみれは自分の刺しゅうの腕を上達させるために麻田の靴作りを見てみたくなりました。

べっぴんさん 1週のネタバレ③ すみれの「想いをこめた特別な品」の評価は?

3091a69930aba20e84196b13a2c2c003_s
すみれは潔がたまたま「あさや靴屋」に用事があったこともあり、それに同伴
することになります。とはいっても潔が靴屋に行く原因となったのは興味本位ですみれが五十八の靴をバラバラにしてしまい、急きょ修理が必要となったからなのですが・・・。

あさや靴屋ですみれは麻田に刺しゅうがうまくなりたいと相談します。すると麻田はこう答え、母・はなにすみれの刺しゅうを持っていくように勧めます。

誰かて最初からうまくいきまへんわ。
自分かてそうです。
そやけど、思いを込めたら伝わるんです。

上手に作るゆうことより、誰がどんな思いを込めて作るのか、それが一番大事なんです。

そんなこんなしとるうちに、いつの間にかうまくなるもんなんです。

実際、最初にすみれが刺しゅうを持って行った時もはなは喜んでいました。しかし、すみれはそれを見ずに飛び出してしまいました。このときは周りや父・五十八から酷評されたことで一度は引っ込めてしまいましたが、今度は勇気をもってもう一度持っていくことにしました。

それでもすみれは「下手やけど・・・」と若干自身がありませんでした。しかし、はなはすみれの刺しゅうに対して素直に「べっぴん(別品)やな」と喜んでくれました。そして、これをきっかけにすみれははなから刺しゅうを習うことになります。

はなが最初にはなから習ったのは四ツ葉のクローバーの刺しゅうでした。四葉のクローバーといえば、洋館に移り住む前にはなから四つの意味を教えてもらいましたよね。そして、はなから裁縫箱をもらいます。

この後、残念ながらはなは亡くなってしまうわけですが、はなから託された裁縫箱、そして刺しゅうや手芸はすみれに受け継がれることとなりました。

以上、べっぴんさん 1週「想(おも)いをこめた特別な品」のはなとのエピソードに関するネタバレでした。