べっぴんさんに登場する岩佐栄輔に関する記事です。栄輔は3週目に戦地から帰ってきた潔が連れてきた「弟分」ですよね。そんな栄輔はすみれはもちろん、娘のさくらと非常に良好な関係を築いていきます。一方ですみれの夫・紀夫は未だ帰らない状況です。

このままいけば、栄輔はすみれと再婚するのでは?と思ってしまいますよね。しかし、残念ながらそういうわけにはいきません。栄輔の結末を見るとちょっと悲しすぎる内容となっているんですよね。

スポンサーリンク

べっぴんさんのネタバレ 栄輔って誰?すみれに親身な理由とは?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s
まずはべっぴんさんの公式ページの栄輔の人物紹介から見てみましょう。

岩佐栄輔(松下優也)
すみれの幼なじみ・潔の友人。闇市で潔と再会し、共に坂東営業部の再興を目指していく。戦争で亡くした妹とすみれの姿を重ね、すみれを支え続ける存在に。

栄輔が初めて登場するのは第3週(10月17日(月)~10月22日(土))放送の「とにかく前に」からです。戦争から無事生還した潔(高良健吾)が「弟分」として、すみれたちに紹介したのが初めての登場シーンでしたね。

栄輔はすみれが戦争で亡くなった妹と同じ年齢であることを知ります。そしてバラックで色々と不自由な生活をしているすみれ(芳根京子)たちのために食べ物を持ってきたりと色々とすみれたちの力になります。

最初はやはり自分が妹が生きているうちにしてやれなかったことを「妹代わり」のすみれにしてやりたいという栄輔の気持ちからの行動でした。

・・・というのはあくまで建前であり、実際のところは明美(谷村美月)の読み通り、栄輔がすみれに一目惚れしたというのが正しいところでしょうか。

べっぴんさんで栄輔がすみれたちと急接近したのは7週「未来」!?

fbc36c1da0aea7f330c4b468ea5e570e_s
栄輔のすみれたちに対する想いは回を増すごとに段々と深まっていきます。しかし、その一方ですみれには紀夫(永山絢斗)がいることを知っていますので、一線を超えてはいけないという思いもあり、栄輔は心の葛藤に悩んでもいたんですよね。

そんな栄輔の葛藤の一方ですみれは紀夫の安否がずっと分からない状況で気持ちは次々と落ち込んでいくばかりでした。栄輔はそんなすみれを支えるわけですが、逆にそれがすみれへの恋心を深めることになってしまっているんですよね。

特に栄輔とすみれの関係が深まったのは予告映像にもあったとおり、7週「未来」ではないでしょうか。ここでは7週の栄輔とすみれの代表的なエピソードについて紹介したいと思います。

栄輔の傘の話①強い心があれば願いは必ず叶う!?

栄輔とすみれが闇市を歩いていると、1台のリアカーとすれ違います。そのリアカーには闇市の商品を積んていたのですが、栄輔はその中のある品物に気が付きます。それは数本の傘でした。栄輔は慌ててリアカーの主を呼び止め、その傘を買い取ることにします。

その傘は実は栄輔が小さい頃に育った工場で作られた傘でした。その両親も随分前に亡くなり、工場は戦争の影響で閉鎖となり、そして傘は戦火がほとんど焼け落ちてしまいました。

栄輔はもう自分の家の工場で作った傘を見ることはないと半ばあきらめていただけに再びその傘を見ることができたことに感激します。

すみれはそんな栄輔に

きっと、栄輔さんの思いが、引き寄せたんよ

と声をかけます。

すると栄輔は紀夫のことを心配するすみれに対して、

・・・すみれさんも・・・きっとやで。強い思うてたら、願いはかなうもんや。・・・頑張りや

と励ますのでした。

栄輔とさくらとの花見の約束

すみれの娘のさくらは日に日に栄輔に懐いていきます。さくらが生まれたときは既に紀夫は出征した後だったために、さくらは栄輔が自分の父親だと思ってしまっている節もあり、ときに「お父さん」と呼ぶようになります。

そんなある日、いつものように栄輔はすみれたちの様子を見た後に帰ろうとすると、さくらがぐずり始めます。それを見た喜代は栄輔に泊まっていかないか、と言います。すみれはいくらなんでも厚かましいのではないかと心配したのですが、栄輔は喜代の申し出を快く引き受けます。

その晩、栄輔はすみれの家に泊まります。栄輔がすみれに紀夫の話を聞いていると、さくらが寝ぼけ眼で栄輔を「お父さん・・・」と呼びます。そんなさくらの姿に栄輔は

・・・なんやろ、なんやろな・・・ええなあって思ったわ今。
家族ってええなあって・・・これがほんまの家族やったら・・・いやいやいや、何を言うてるんや、わしは・・・

とつい本音を口にしてしまい、慌ててさくらの頭は撫でてごまかしました。

その翌朝、栄輔を送るためにすみれとさくらの3人で道を歩いていると、辺りの桜の木がつぼみを付けていてもうすぐ花を開こうとしていました。まだ、桜の花を見たことがないさくらに対して、栄輔は今年は3人で花見をしようと約束をします。

・・・残念ながら、栄輔のその約束は果たされることはなかったのですが・・・。

ふるさと青汁
ピュアメイジング
モイスティシモ
藍の快調サポート
通快麗茶
美・皇潤
エミーノボーテ
アンミオイル

栄輔の傘の話②栄輔は「傘のような男」!?

時子の夫が戦死したという話を聞いたすみれは紀夫を待つことに疲れたと五十八に愚痴をこぼします。五十八はそんなすみれを気遣い、紀夫の両親と同じように「もう紀夫のことは諦めることも考えたほうがよい」と声をかけます。

しかし、この言葉にすみれはショックを受け、バラックを飛び出してしまいます。外は雨が降っていましたが、すみれはそんな雨の中を走っていました。そんなすみれを追ってきたのが栄輔でした。

栄輔は自分の工場の傘を開きすみれに差し掛けます。この時、栄輔は悲しみのどん底に沈むすみれを思いっきり抱きしめてあげたい衝動に駆られます。しかし、栄輔はそれを必死の思いで留めすみれに傘をしっかりと握らせます。

すみれは傘を差したままその場を立ち去ります。栄輔はそんなすみれの姿をじっと見つめていました。

栄輔の花見の話の結末について

気になるのは栄輔の花見の約束が果たされなかった理由ですよね。実は傘の2つ目のエピソードのすぐ後に紀夫からの手紙がようやくすみれの元に届いたのです。栄輔はその場にしゃがみ込み涙にくれるすみれに対して「本当によかったなあ」と優しく声をかけます。

そして、紀夫が帰ってきたのはちょうど桜が咲き始める時期でした。ちょうど栄輔が花見を約束した時期です。さすがに紀夫を差し置いて3人で花見を楽しむわけにはいかないですよね。

栄輔は満開の桜を1人、闇市の一角で眺めるのでした。

スポンサーリンク

【超ネタバレ注意】べっぴんさんの栄輔の悲しすぎる結末とは?再登場はある!?

32d3785efa79192f2469b5007f8794a5_s
こうして、栄輔とすみれたちの関係は紀夫の帰還によって、終わりを遂げることになります。とはいえ、さくらにとってはそんな事情はわからず、栄輔に懐いている状況がすぐに変わるわけはありません。

実は紀夫と栄輔に関しては8週で乱闘騒ぎもあったんですよね。
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/beppinsan-netabare-arasuji-8th-week-eisuke/”]

しかし、さくらも紀夫が父親であることを認識し、次第に紀夫に懐き始めます。また、すみれもまた紀夫と元の生活に戻ろうとしていました。栄輔はそんなすみれたちを身近で見ることになります。

しかし、栄輔はすみれの手助けをしていました。実は当時の紀夫はすみれが働くことに反対でした。すみれとしてはこれから「キアリス」を立ち上げようとしたところだったので出鼻をくじかれた形ですよね。

栄輔はすみれに自分の仕事をもっと知ってもらい、紀夫に自分の仕事を認めてもらうように応援をしていたわけです。しかし、そんな栄輔もすみれたちの前から立ち去るときがやってきました。

それは「坂東営業部」が初めて挑戦する「婦人服」のファッションショーでした。ここで紀夫はファッションショーの主催となり、すみれは何とショーのモデルとして出演することになります。

栄輔はそのイベントが開催される中、1人荷物をまとめ、事務所を出るところでした。そこにイベントが終わって事務所に戻ってきた潔と出くわすことになります。その時の潔と栄輔の会話がこちらです。

潔「おう、どないした?」

栄輔「アニキ・・・もしアニキに会えんかったら、どないなっとったやろうな・・・。アニキのおかげで生きる希望が持てた。そやけど・・・一生誰かに仕える人生は嫌なんや。

いつか、『アニキのおかげで今がある』と、言えるようになりたいわ」

潔「どうしたんや?なんかあったのか」

栄輔「いや、今日はファッションショーやったろ。特別な日やったから・・・なんや伝えとうなってな」

そうして、栄輔は事務所を後にし、その後二度とすみれたちの前に姿を見せなくなったのです。

これが栄輔の結末です。「べっぴんさん」の中では栄輔はすみれ達に献身的であったものの、それが報われていないように見えます。紀夫には殴られることもありましたし、栄輔はかなり貧乏くじでもあるんですよね。

そんな栄輔がすみれ達に知られず1人身を引くという結末はあまりにも悲しすぎるように感じるのは私だけでしょうか?できれば、栄輔の再登場に期待したいところですが、この辺はどうなんでしょうね?

※再登場後の栄輔についてはこちらにまとめました。

以上、べっぴんさんの栄輔についてのネタバレでした。