朝ドラ「べっぴんさん」の10/10(月)~10/15(土)までの第2週放送「しあわせの形」のネタバレです。ここでは潔の結婚について紹介します。先週放送の6話のラストではすみれ以外にも潔に思いを寄せる女性がいるという衝撃の終わり方をしました。

潔を呼び出した人物を見ればそれが誰かは明らかなのですが、実はこの潔の結婚はちょっとした問題が発生します。それは潔の出生にも関係することだったわけですが、一体何が起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

べっぴんさんのネタバレ 2週で潔とすみれの姉・ゆりが怪しいやり取り!?

f82d8336beb6bbefcb7e65ed2c5d5d95_s
10/8(土)放送のべっぴんさん 6話で野上潔(高良健吾)を呼び出したのはヒロイン・坂東すみれ(芳根京子)の姉・ゆり(蓮佛美沙子)でした。その内容とは「私の将来の話について」でした。告白にしては嫌に勿体ぶった言い方ですがこれには理由がありました。

実はこのときゆりが潔に相談したのは本当に「将来の話」だったのです。先週放送の「想いを込めた特別な品」でゆりは父・五十八(生瀬勝久)が経営する「坂東営業部」で働きたいと言っていました。それに対し五十八は反対をしていましたよね

そこでゆりは「坂東営業部」で幅が効く潔に口添えをしてもらおうとします。潔はゆりの前向きな気持ちに賞賛しつつも「協力はできない」と断ります。ゆりは当然不満を口にするわけですが、潔の以下の言葉に納得をします。

わしなんかに頼らんと、やりたいことあるならその道に進めばええよ。
周りに何言われても、やりたいことやって好きに生きれたら一番ええ思うわ。

このとき、ゆりは何としても五十八に自分の「坂東営業部」入りを説得することを決意します。しかし、このあとに潔から聞いた「自分に赤紙(召集令状)が届いた」という言葉でさらにあることを考えるようになりました。

べっぴんさんのネタバレ 2週でゆりがついに実力行使!?しかし・・・

663f7feb84c18c480f33b8b4823f9754_s
五十八がゆりの「坂東営業部」入りに反対するのはちゃんとした理由がありました。ゆりやすみれに家庭に入ってほしいという言葉は単なる「女は家にいるべき」という当時の慣習から来ただけではなかったのです。

五十八の実家が近江の布の売買をする家であり、長男と折が合わず家を出たという話は以前したかと思いましたが、それだけに一代で築いた坂東営業部の家柄を盤石にしたいという気持ちが強くありました。

そのためにはゆりやすみれが華族などのいい家柄の男性を婿にとって家を守ってほしかったのです。しかし、すみれはともかくゆりは成績優秀で活発な性格だったこともあり、そんな五十八の意図に反して社会に出たいという気持ちが強かったのです。

そして、ゆりはついに行動に移すことにします。きっかけはいつもの五十八との口論でした。その日は五十八と父・正蔵(名倉潤)、そして潔の3人である重要な話をしようとしていたところでした。その場にゆりがやってきました。

五十八はいつものようにゆりに

お前は坂東家に入ってくれる男に一緒になって、この家を守っていくんや。
このご時世やから・・・

と諭そうとします。するとゆりは五十八の言葉を遮り、

このご時世だからこそ、私は今の自分の気持ちに正直になりたいと思います。
私は、自分の愛する人と結婚したいと思うてます。

と返します。もちろん、五十八はゆりにそんな相手がいることは知りません。そして、ゆりの「愛する人」を聞いた途端にその場の空気は一変します。

・・・はい、予想どおり、その相手は潔でした。当然、五十八と正蔵は潔に激怒します。しかし、潔も全く身に覚えがなく、まさに寝耳に水な話でした。そのあとゆりは「一方的な片想いだ」とフォローしますが、これが五十八の怒りに油を注ぐことになります。

しかし、正蔵はともかく五十八の怒りは潔が自分の娘・ゆりをたぶらかした、という単純な理由から来たものではありませんでした。それは潔と野上家の意外な秘密に関係することだったのです。

べっぴんさんのネタバレ 2週でゆりの結婚に反対した理由とは?潔の意外な秘密!?

90ff658ea4dee09adc8f047657cd27fc_s実は潔は正蔵の本当の子供ではなく、養子だったのです。なかなか子宝に恵まれなかった正蔵夫妻は潔を養子を取り、自分の一人息子としてだけではなく野上家の跡取りとして大切に育ててきたわけです。

もちろん、五十八はそのことを知っていました。潔とゆりが結婚するということは野上家にとっては潔を婿に出さなければならない、ということになります。五十八は長年「坂東営業部」を支えてくれた正蔵にそんなことが言えるはずがありませんでした。

その後、野上家は覚悟を決め、正蔵は潔を坂東家の婿に出すことを五十八に伝えに行きます。しかし、この時五十八はある重大な決断を下しました。それはゆりを野上家の嫁に出すことでした。

もちろん、五十八としては坂東家の長女であるゆりを嫁に出すことに強い抵抗はありました。しかし、野上家の事情を知っているだけにこの選択肢を選ばざるを得なかったわけです。

こうして、潔はゆりと結婚することになりました。しかし、ここまで見ると潔の気持ちそっちのけで話が勝手に進んでいるように見えますよね。その辺はご安心ください。この頃は潔の気持ちもちゃんとゆりに向いています。

きっかけとなったのはゆりが初めて「自分の愛する人が潔だ」と告白した翌日に遡ります。ゆりは潔に謝罪の手紙を書いていました。その中でゆりは潔のことを「男と女以上に、同じ志を持つ」と書いていました。潔はこのときゆりに惹かれるようになりました。

以上が「べっぴんさん」2週で明らかとなる潔の結婚の全貌です。気になるのは失恋したすみれがその後どうなるのかですよね。実はすみれは当然潔とは別の男性と結婚することになるわけですが、そちらについては別の記事で触れたいと思います。