べっぴんさんの龍一に関する記事です。龍一はキアリスの4人の女性の一人・良子の一人息子ですね。しかし、この龍一の行動が何かと問題となっています。世間では「龍一は発達障害(ADHD)ではないか?」という声もあるほどなんですよね。実際のところはどうなんでしょうかね?

スポンサーリンク

べっぴんさんの龍一の問題行動とは?


元々、龍一や健太郎はさくらに比べるとそれほど目立つ存在ではありませんでした。まあ、さくらに関して言えばヒロイン・すみれ(芳根京子)という肩書もありますし、何より「べっぴんさんの好感度No.1」の栄輔(松下優也)とのシーンが多かったということもあるんですが・・・。

しかし、龍一はあることがきっかけで注目されるようになりました。それが9週の「チャンス到来!」です。すみれと良子は子供たちを保育所に預けることを考えたのですが、そのうち龍一は入所を断られてしまいます。

龍一は保育所内で暴れまわり、とても先生たちの手に負える状態ではなかったのです。そして、龍一の問題行動はキアリスの店内にも及びます。保育所での預かりを断られて良子は仕方がなく龍一をキアリスにつれてきます。

龍一はキアリス店内で大騒ぎをし、あまりのうるささに客が返ってしまいますた。さらには悪びれた様子もなく平然に店の品物をぐちゃぐちゃにしてしまうほどだったのです。

龍一は比較的おとなしいさくらと健太郎に比べると全く真逆だったわけです。

べっぴんさんの龍一に対する感想は?


べっぴんさんの龍一に関して、世間の感想を聞いてみました。やはり一番多いのは以下の内容の意見ではないでしょうか。

龍一の言動や行動を見たとき、誰の云う事も聞かず、わがままな振る舞いに見えたときに、もしかしたらという、気持ちになりました。ある日、朝ドラを見ている友人と、ランチに行ったときのことです。
私たちのすぐ後ろのテーブルに、2歳くらいの男の子とお母さんとお祖母ちゃんの三人連れが座りました。
男の子は、席に座らされたとたんに、テーブルにセッティングされているナフキン、籠に入ったカトラリーをいじりはじめ、お母さんとお祖母ちゃんがメニューを見ているすきに、コップに入った水をあっと言う間に、ぶちまけてしまいました。そこから、友人に「朝ドラ見た?良子の子供みたいな子が後ろにいるよ」と話し始めたら、すぐに
友人 「あの子(龍一)は、発達障害だよね」
私  「やっぱり?私が思っていたことと一緒!」
友人 「昔からクラスに一人くらいいたよね?」
と、サラッと言いました。現役のお母さんは、さすがだなぁと感心しました。去年夏に高校時代の同級生のAから突然電話が来ました。
彼女は離島に住んでいるのですが、今本島に来ているので会いたいとのことでした。ぜひ会いたいと思い快諾をしたのですが、会える日にちや時間に拘束があるとAは話していました。
話を聞くと長女を一緒に来ているとのことで、実はこの長女の発達障害の治療のために本島に来たと言われました。Aとは高校3年間ずっと一緒のクラスでした。
しかし、当時仲が良かったかというとそうでもありませんでした。ただし私はいつも彼女の行動を気にかけていたのです。
私の通う学校はとても校則が厳しく、髪型から制服、カバン、靴、靴下まで学校指定のものでした。朝は毎日校門に先生が必ず立っていました。
頭の先から足元までとカバン意外の余計な持ち物を持っていないかなどチェックされていたのです。

そんな中、Aはある意味異質な存在でした。
時々左右バラバラの靴を履いて登校してくるのです。

しかも両方とも学校指定のものとは全く違います。
本人は学校について下駄箱に入れるときに、ようやくしまったと気づくのです。

私には、Aがどうしても理解できませんでしたが、今思えば発達障害のひとつだったのかもしれません。

そんなAが現在娘の発達障害に悩んでいました。
彼女の娘のBは、学校での漢字テストで度々カンニングをしていました。

先生が注意してもBのカンニングは治ることはありませんでした。
そのため母親のAにも連絡が来たそうです。

Aは娘に問いただすとBはこう答えました。
「テストで間違えた漢字を覚えるまで何回も何回も書かされるのがいや。
書いても覚えられない。
だから、テストで間違えないように正しい漢字を書いただけ。」と。

Bは自分なりに考えていたのですが、そのやり方は当然周りには認められるものではありません。

Aは自分のことも含め娘は発達障害なのかもしれないと担任に訴えます。
しかし、担任の先生はそれを理解しようとはしませんでした。
Bはやがて登校拒否になり、家に引きこもるようになります。

しかし、Bの発達障害を理解できなかったのは担任だけではありませんでした。
実はBの父親、つまりAの夫も発達障害に対して「無知」だったのです。

Aの夫は登校拒否の娘を怒鳴りつけ、暴力を振るうほどでした。
Aの夫からすれば娘のBは「単なる怠け者」としか認識できませんでした。

これが結局Bの心をますます閉ざすことになります。

こんな状況を一番気にしたのはAでした。
このままでは娘の将来は絶望的であると考え、AはBの本格的な治療をすることを決めたのです。

実際にはAたちは治療のための先生及び病院の準備までしたにも関わらず、実際の治療を受けることはありませんでした。
しかし、Aとしては専門の先生からいろいろと話を聞いた結果、離島での生活が一番と考えたわけです。

自分一人で悩んでいてもなかなか解決することは難しいと思います。
実際に行動することも誰かに悩みを打ち明けることもとても大切なことだと感じました。

仮にAが発達障害だったとしても娘のことを一生懸命に考える優しい母親になっていました。

鉄二は一見すると子育てには全く無関心に見えて実は良子の悩みを理解し、自分も龍一の接し方に悩んでいました。
それにすみれたちもいることでAのように長く一人で思い悩む必要もありません。

龍一も、今はきかんぼうの手がかかるやんちゃな男の子ですが、きっと立派な大人になると思います。

若干長い話になってしまいましたが、つまりは「龍一は発達障害ではないか」という意見ですね。つい最近になってADHDという言葉も話題になったこともあり、龍一もそうなのでは?と考えてしまうわけです。

その一方で「良子が叱らないから龍一が悪いことの理解ができない」「この年齢なら龍一の行動は当たり前。逆にさくらと健太郎がおとなしすぎて心配」という意見も少数ながらあるようですね。

スポンサーリンク

べっぴんさんの龍一は本当に発達障害!?


ところでべっぴんさんの龍一は本当に発達障害(ADHD)なのでしょうか?ここでまず、発達障害とADHDについてそれぞれ調べてみました

発達障害(はったつしょうがい)

子供の発達途上において、生体の機能の一部が成熟しないでとどまっている状態。
広汎性発達障害・学習障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)・知的障害・発達性言語障害・発達性協調運動障害などがある。
神経発達症。

デジタル大辞泉から引用

ADHD(エーディーエイチディー)
※Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略。

幼児期に現れる発達障害の一。
不注意(物事に集中できない、忘れ物が多い)、多動性(落ち着きがない、じっとしていられない)、衝動性(突飛な行動を取る、順番を守れない)などを特徴とする。

脳の器質的または機能的障害が原因とされる。
注意欠陥・多動性障害。注意欠如・多動症。

[補説]多く、年齢が上がるとともに多動の症状は減少するが、不注意と衝動性は成人になっても残る場合があり、これを成人ADHDという。

デジタル大辞泉から引用

簡単に言えば、ADHDは発達障害の一つであり、発達障害とは体の一部の機能が正常に発育しないという状態を指します。つまり脳や神経等で発達障害がある場合はそれが日常生活に現れることがあるというわけです。

ADHDが強く症状として出るのは幼児期の頃です。この頃は確かに体の発育が急激に行われている時期ではあるので、発達障害が出やすいという解釈になるのでしょうか。

龍一はちょうど幼児期ですので、ADHDの可能性があると言われると確かにそうかも、と思ってしまいますよね。しかし、一般的にADHDかどうかを明確に判別する方法は現在ではありません。

確かにこちらのADHDに関するサイトを見るとチェックシートはあります。しかし、それはあくまで「~かもしれない」という可能性を確認するためのもので、このチェックに引っかかったからと言って即ADHDというわけではないんです。

むしろ個人で勝手にADHDかどうか決めてしまうのは今後の子育てにも影響する可能性がありますので、きちんとした専門のお医者さんに相談する必要があるわけです。

つまりは龍一がADHDがどうかについては専門のお医者さんに相談すれば確認はできるのですが、今のところはそのようなシーンはありません。そもそも「べっぴんさん」の時代は「発達障害」という言葉が一般的ではなかったので、ドラマで確認するのは厳しいでしょう。

となると、龍一がADHDを含め発達障害であるかを知るのはべっぴんさんの原作者のみということになります。この場合は脚本担当の渡辺千穂さんということになりますね。ただし、こちらで確認している限りでは龍一にそこまでの設定を考えているわけではないようです。

12/7に龍一の成人バージョンのキャストも決まりました。成人後の龍一の姿については詳細が明らかになってはいませんが、このまま龍一の問題行動が永遠に続くとは思えないんですよね。

結論としては龍一が発達障害かどうか?については現状では何ともいえない、というのが正直なところです。こちらについては新しい情報が出ましたら更新したいと思います。

以上、べっぴんさんの龍一に障害があるのかについてでした。