NHK朝ドラ「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」の歌詞についての記事です。今回「べっぴんさん」の主題歌を歌うのはミスチルことMr.Childrenですよね。残念ながら2016年10月時点では「ヒカリノアトリエ」自体はCD販売されておらず、また発売予定もはっきりしていないんですよね。

ですので、「ヒカリノアトリエ」のCD販売までは「べっぴんさん」のオープニング映像から聞くしか手段はありません。ところでこの「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」の歌詞をよく聞いてみるとん?と思える表現が2つありました。

スポンサーリンク

NHK朝ドラ べっぴんさん主題歌の歌詞の独特過ぎる2つの表現とは?


NHK朝ドラ「べっぴんさん」のオープニングはフルバージョンで1分30秒、簡略バージョンだとそれより若干短めです。この1分30秒バージョンのオープニングの「ヒカリノアトリエ」を聞くと2つほどあれ?と思う表現がありました。それが以下の2つです。

  • 大量の防腐剤(30秒辺り)
  • 優しすぎる嘘(1分15秒辺り)

言葉だけ聞くと何となく朝ドラのオープニング曲としてはイメージに合わないような気もするこの表現。しかし、前後の歌詞の内容を見るとなるほど!と納得できる内容ではありました。

NHK朝ドラ べっぴんさん主題歌の歌詞の中の「防腐剤」の意味は?


まず「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」の歌詞で最初に気になるのが「防腐剤」という表現です。具体的には

大量の防腐剤 心の中に忍ばせる

という歌詞の部分です。

※実は人によっては「太陽の防腐剤」と解釈している場合もあり、こればっかりはミスチル本人から正式な歌詞が公開されなければどちらが正しいかはわからないですよね。

この防腐剤の一文の後、「湿った日が続いても腐らぬように」という文で終わっています。一見すれば「心の中に防腐剤ってなんのこっちゃ?」と思ってしまいますが、最後の一文を聞くとなるほど!と納得することができました。

つまり、歌詞の「腐らぬように」とは具体的には「気が腐らないように」という意味です。気持ちがいつも晴れ渡っていれば何の問題もないのですが、中々そういうわけにはいかず気持ちが沈む日も当然ありますよね。そんなときに腐らず前を向いていこうというわけです。

気が腐る: 思いどおりに事が運ばないため、やる気をなくしてしまう。いや気がさす。めいる。

※デジタル大辞泉から引用

NHK朝ドラ べっぴんさん主題歌の歌詞の中の「優しすぎる嘘」の意味は?


もう一つ「べっぴんさん」の主題歌の歌詞で気になるのが「優しすぎる嘘で涙を拭いたら」という部分です。この「優しすぎる嘘」という表現が非常に解釈が難しいですよね。ただし、ただの嘘でもなく、単なる優しい嘘でもありません。「優しすぎる」という部分がポイントになります。

これは人にとって色々と感じる部分が変わるのですが、私は「相手のことを思いやってついた嘘」と解釈しました。しかし、「優しすぎる」のは嘘を付いた側だけではなく、嘘をつかれた側も含みます。優しすぎるだけに相手にはバレバレなんです。

しかし、それを知らないふりをして受け入れる側も「優しすぎる」といえます。

「ヒカリノアトリエ」では虹という言葉がよく使われています。この虹とは希望のことを指しているのであれば、先程の「優しすぎる嘘」は自分ひとりだけはなく、周りの思いやりもあって再び希望に向かっていけるともとれますよね。

実際の歌詞の内容と解釈はミスチル本人しか知るよしはないのですが、実際のところはどうなんでしょうかね。

追加情報:ミスチルのPV公開!歌詞の真実も明らかに!?


朝ドラ「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」ですが、ついにショートバージョンながらもPVが公開されました。正直、PVのあのイントロはちょっと意外でした。ドラマではカットされているだけにかなり新鮮でしたね。

ところで公開日が2016/12/31と実は大晦日の日だったんですね。残念ながら2016年の紅白歌合戦ではミスチルは登場しませんでしたが、今回の大晦日でのPV公開はそれを見越してのことなんでしょうか。さすがにそれは考えすぎでしょうかね。

ところでPVの右側に字幕で歌詞があったのに気が付きましたか?実は長い間謎だった「◯◯の防腐剤」の真相が明らかになりました。やはり◯◯に入るのは「太陽」ではなく「大量」でした。

CD発売も1月11日に決まり、ドラマ「べっぴんさん」もちょうど本格的に後半が始まるあたりの時期です。ここでは「ヒカリノアトリエ」のフルコーラスを聞きつつ、ドラマを楽しむというのもいいですよね。

 

以上、NHK朝ドラ「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」の歌詞についてでした。