とと姉ちゃんの子役について紹介します。

ヒロイン・常子の幼少期は「梅ちゃん先生」の内田未来さん、
そして妹の鞠子はちびまる子ちゃんの「たまちゃん」の須田琥珀さんと
かなり豪華な顔ぶれでした。

すると気になるのは当然
小橋3姉妹の末っ子・美子(よしこ)の子役は誰なのか?
ということですよね。

そこで調べてみたところ意外なことが分かりました。
何と、「とと姉ちゃん」の美子の子役は2人いるんですよね。

スポンサーリンク

とと姉ちゃんの美子の子役が2人いる理由とは?

子役に限らず、舞台のお芝居だと一日数回公演を行い、
なおかつ長丁場となりますので、一つの役を複数のメンバーが行うことはよくあります。

ただし、
とと姉ちゃんの美子役を交代で行う
としたとしてその理由がよくわからないですよね。

実は美子の子役が2人いるのはかなり単純な理由でした。

確かに交代で行うという意味では正しいのですが、
それは美子が姉の常子、そして鞠子からちょっと歳が離れているからなんです。

つまりドラマの開始当初ではかなり幼い設定なので
一人の子役ではちょっと厳しいというわけです。

ちなみに幼少期を複数人数の子役が担当する、
というのは実は前作の「あさが来た」でもありました。

具体的にはあさの長女の千代、そしてはつの長男の藍之助がそうでしたね。

ということで早速美子の子役の一人目について紹介したいと思います。

とと姉ちゃんの美子の子役の一人目・川上凛子ってどんな子?

とと姉ちゃんの美子の子役の一人目を演じるのは川上凛子ちゃんです。

凛子ちゃんが所属するスマイルモンキーの公式プロフィールがこちらです。

凛子ちゃんはまだ2009年の8/19生まれで「とと姉ちゃん」の放送時点では6才です。
丁度幼稚園の年長さんくらいということになりますね。

にも関わらず出演している作品数は、

  • TV 7本
  • CM 3本
  • 映画 1本

結構多いんですよね。

なんと、映画「ビリギャル」ではあのギャルな主人公の工藤まゆみの幼少期でした。
まあ、もちろんこの頃は全くギャルな様相がないのは当然なのですが・・・。

そんな川上凛子ちゃんが登場していたCMの一つがDHCのよくばり青汁のCMです。


※現在公式ページからCM映像が削除されてしまったため、合わせてリンクを削除しました。

あれ、あのCMって実はやらせ!?
と一瞬嫌な予感がしたのですが、実はそうではなかったので安心しました。

※詳細は動画をご覧ください。

CMのメインは3人の女性ですので、
凛子ちゃんの登場シーンはほんの僅かではあるのですが、
そのわずかなシーンの中でかなり存在感を示していました。

川上凛子ちゃんの出演はドラマの紹介を見る限りでは第1週で
内田未来さんと須田琥珀さんとの共演ということになります。

私個人としてはこの3人の活躍する「とと姉ちゃん」第1週目から
かなり楽しみなんですよね。