朝ドラ べっぴんさんの感想です。近江でのエピソードは3週の「とにかく前に」だけかと思いきや、その後も意外と近江のシーンって多いんですよね。しかし、その割に本家の当主である長太郎があまり目立たないですよね。11週「やるべきこと」の予告映像では節子にもツッコまれているように見えたのですが、実際のところはどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

朝ドラ べっぴんさんの長太郎ってどんな人?


今更のような気もしますが、ここでべっぴんさんの長太郎について公式ページの登場人物の説明を確認してみましょう。

坂東長太郎(本田博太郎)

すみれの父・五十八の兄。
すみれの伯父に当たる。

近江を商売の基盤とする坂東家の長男で、母・トク子が夫亡き後に支えてきた商売の基盤を受け継ぐ。

しかし、商売に不得手な面があり、経営が厳しくなってきた際、弟の五十八が始めていた商売の得意先を譲り受け、事業を継続させてきた。太平洋戦争末期、空襲を避けるため疎開してきたすみれやゆり達を受け入れる。

公式ページの長太郎の写真を見ると妙に冴えない表情をしているように見えるのは私だけでしょうか?長太郎は確かに近江の本家の商売を継いだわけですが、肝心の商才は弟の五十八(生瀬勝久)に全部持っていかれてしまったというところなんでしょうね。

まあ、長太郎と五十八の父が早くに亡くなったため、商売のことは母・トク子(中村玉緒)が切り盛りしていたことで、何とかやってこれたというのが正しいところでしょうかね。とはいえ、トク子もかなりの高齢ですし、長太郎だけでは正直心許ないのは事実です。

五十八は坂東営業部を若い紀夫(永山絢斗)と潔(高良健吾)に任せて自分は近江の本家に「隠居」と言う形を取りましたが、実際のところは近江の本家の様子が心配になったというのが正直なところでしょうね。

ちゃっかり新しい事業を始めているところを見れば五十八もまだ商売から離れられないようですし・・・。

朝ドラ べっぴんさんの長太郎の頼りなさは本田博太郎の演技力の賜物!?


べっぴんさんの長太郎といえば、初登場の3週「とにかく前に」では単なる嫌味なおじさんでした。しかし、途中では近江で単身働くゆりを世話したりとそんなに悪い人ではないんですよね。しかし、最近は五十八の影響で影の薄いキャラクターになってしまいました。

よく考えると長太郎はかなりいろいろな一面を見せている人物なんです。しかし、長太郎がこれだけ「豊か」なキャラなのは本田博太郎さんの演技力合ってこそなんでしょうね。

本田博太郎さんといえば見た目は渋くてかっこいいのにCMとかでもかなり面白いおじさんを演じていますよね。今回のべっぴんさんの長太郎はそんなCMの本田博太郎さんにかなり近いように見えます。

最近はこんなCMで本田博太郎さんの姿を見かけました。

実際に長太郎のような人がいたらかなり「嫌な人」なんでしょうが、CMの「面白いおじさん」のイメージもあり、どうも長太郎は憎めないキャラなんですよね。

朝ドラ べっぴんさんの長太郎に関する感想は?


そんな11週の長太郎について感想を紹介したいと思います。

寝たきりとなった祖母を心配して近江を訪れたすみれ夫婦と潔さん夫婦。
そこで、また新しい事業を興した父親の五十八さんには驚きました。やはり、商売人としての才能や経験といったものが、どの場所へ行こうとも五十八さんを突き動かし、成功へ導いてくれるのだと思いました。
そんな偉大な父親から、「とにかく頑張れ」「自分が変わらないとなにも始まらない」と叱咤激励された紀夫さんのプレッシャーは相当だったと思います。

五十八さんの兄、長太郎さんは、商売人としての才能には恵まれませんでした。
それは、歳をとってからも変わりませんでした。
弟の方が秀でているのは、もって生まれたものなのか、あるいは余計なプライドがいつも邪魔をしているせいなのか。

私は、もしも紀夫さんが、仕事に対してどう努力したとしても、もともとの性格なり、性分でどうにもならないとしたら、それはそれで大変気の毒な気がしてきました。

今日の近江のおじさん(長太郎さん)の登場で、人には向き不向きがあるのではないか。
心身を壊してまでやる必要があるのか疑問に思えてきました。

五十八が商売に対して偉大過ぎるために長太郎の「残念な」ところが逆に目立ってしまっています。もし、商才というのが持って生まれたものであるなら、紀夫もまた今の仕事を続けることが正しいのか?と考えてしまいますよね。

長太郎の11週での本来の役柄はそこではないような気もするのですが、確かに五十八と長太郎のそれぞれの立場はキアリスで絶好調のすみれと不調の紀夫に近いものがありますよね。
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/beppinsan-norio-reborn/”]
以上、朝ドラ べっぴんさんの長太郎についての感想でした。