ひよっこのヒロインの相手役・ヒデこと前田秀俊を演じる俳優さんについての紹介です。ひよっこのヒデと言えば、初登場からみね子とは近すぎず、遠すぎずの距離感を保ってきましたが、ラストではなんと結婚の噂も出ているんですね。

そこで、今回はひよっこのヒデとヒデを演じる俳優さんについて確認していくことにしました!

スポンサーリンク

ひよっこのキャスト みね子の相手役のヒデってどんな人?


まずはひよっこのヒデについて掘り下げていきましょう!

前田秀俊(まえだ ひでとし)

「すずふり亭」の見習いコック。
仕込みから閉店後の後片づけまで、1日の大半を調理場で過ごす。夢は、いつか自分の店を持つこと。省吾から料理の技と心得を学ぼうと、日々、修業に精を出している。みね子が店で働くようになってからは、下積みの仲間として、時にぶつかり、時に助け合う。

※引用元:ひよっこ 公式ページ

ひよっこでは「前田」というよりは「ヒデ」の愛称で呼ばれることがほとんどです。ヒデは現在「コック見習い」という立場ですが、将来は自分の店を持つという夢があり、毎日真面目に仕事に打ち込んでいます。

「サボり癖」のある井川(やついいちろう)とはまさに対称的ですよね。

※まあ、料理長・省吾(佐々木蔵之介)も非常に仕事には厳しい人なので、省吾とヒデだけでは職場がピリピリしすぎるのでそれを井川が中和している、ということもあるのですが・・・。

そんな真面目でプライベートより仕事が優先のヒデなので、10週「谷田部みね子ワン、入ります」でみね子がウェイトレスで働くことになってもヒデと恋愛関係になることはありませんでした。

とはいえ、みね子と島谷(竹内涼真)が付き合い始めた時は、「仕事仲間」ながらもみね子のことを気遣っていた一面もありました。

結局、その後残念ながらみね子と島谷は別れてしまうことになりますが、逆にこのことがきっかけでヒデとみね子の距離が近づいてきたようにも見えます。もちろん、それでもヒデがみね子に猛烈なアプローチ、というわけではなく、今までの距離感はきちんと保っているんですよね。

とはいえ、実はそれまではヒデがみね子への気持ちを明らかにすることはありませんでした。ヒデが「みね子のことが好きだ」と公言したのは実は22週「ツイッギーを探せ!」での130回(8/31放送)とかなり後の話なんですよね。

※時系列的には21週「ミニスカートの風が吹く」の第123話あたりです。

23週「乙女たちに花束を」のラストでは省吾が井川、ヒデ、そしてみね子にそれぞれ課題を出していましたね。井川とヒデは新メニュー、そしてみね子は新しい制服の考案と、別々の内容でしたが、ここでヒデとみね子が協力してお互いの課題を助けるようです。

そして、クランクアップの写真を見ると何とヒデとみね子がゴールイン!?と思われるシーンもあったため、みね子とヒデは最後まで目が離せないんですよね!

ひよっこでヒデを演じるのは誰?イケメン俳優の正体は?

ひよっこでヒデを演じるのは磯村勇斗さんです。磯村さんのプロフィールはこちらです。

生年月日 1992年9月11日
出生地 静岡県沼津市
身長 176 cm
血液型 A型

磯村勇斗さんの芸能界デビューは2013年7月13日に公開された須賀健太さん主演の映画「生贄のジレンマ」です。磯村さんは映画では小川保を演じました。

そして、磯村勇斗さんの出演作で絶対に忘れてはいけないのが2015年に放送された「仮面ライダーゴースト」の仮面ライダーネクロム役です。

「仮面ライダーゴースト」は磯村さんにとっては初のドラマのレギュラー出演でした。しかし、このネクロム役が非常に好評で、何と磯村さんが主演のスピンオフドラマ「仮面ライダーゴースト アラン英雄伝」までできたんですよね。

そして、満を持して朝ドラ「ひよっこ」ではヒロインの相手役・ヒデを演じることになったというわけですね!

とはいえ、実は磯村さんの朝ドラ出演は「ひよっこ」が初めてではありません。2015年上期に放送の土屋太鳳さん主演の「まれ」でも出演していたんですよね。ただし、「まれ」での磯村さんの役は2015年6月9日放送の62話のみ出演の平井という役でした。

※一番右の男性が磯村勇斗さんです。

この時は本当に1話だけの放送だっただけに今回の朝ドラ「ひよっこ」のレギュラー出演はまさに大出世といっても過言ではありませんよね!

島谷役の竹内涼真さんといい、今回のヒデ役の磯村勇斗さんといい、ひよっこでは何気にイケメン俳優が大ブレイクしていますよね。今後の活躍を期待したいですね!

以上、ひよっこのヒロイン・みね子の相手役のヒデと演じる磯村勇斗さんについてでした。最後までご覧いただきありがとうございました!