ひよっこのヒロイン・みね子の父・実の再登場シーンについての確認です。とここで「あれ、みね子の父親って現在失踪中だよね?」と思った人が多いのではないでしょうか?

確かに2017年6月現在放送のひよっこでは実はまだ行方不明中です。しかし、実は一瞬だけみね子の父親が登場していたのに気が付きましたか?(と言っても、ナレーションの増田明美さんが思いっきり触れていましたけどね・・・)。

そこで、みね子の父親のほんの一瞬だけ再登場したシーンについて色々とネタバレしていきたいと思います!

スポンサーリンク

ひよっこのヒロインの父親の再登場シーンをネタバレ!

ひよっこでみね子の父・実が再登場したのは5/20(土)の放送回でした。具体的には第7週「椰子の実たちの夢」の中の7回目、つまり放送開始から数えると第42話でのことでした。

実の再登場シーンは以前特番でも予告映像の中で公開しており、「いつのシーンなんだろう?」と前から注目されていました。そして実際に放送されたのが、5/20だったわけですね。

ただし、実の再登場は東京の街並みの中でこちらを振り返るという一瞬のものでした。ただし、このとき実(と思われる人物)のセリフは一切なしなので、第1週「お父ちゃんが帰ってくる!」での実の明るい雰囲気とは全く違っており、ひょっとしたら他人の空似だとしてもおかしくない感じでしたね。

増田明美さんのナレーションも本当にみね子の父なのか自信がなさそうな様子でしたし、やはりこのシーンの真相が明らかになるのはもう少し先の話なんでしょうかね。

ところでこの再登場シーンの場所って以前綿引がみね子に話していた「実を目撃した場所」なんですよね。タイミングによってはみね子が父親と再会できた可能性もあるだけにちょっと残念でもあります。

ひよっこの再登場シーンから予想される父親の現状は?


5/20放送の実(?)の再登場シーンに対してネットでは様々な説が飛び交っていますね。その主な内容がこちらです。

実が記憶喪失説

やはり一番多い声がみね子の父が記憶喪失になってしまったという説です。再登場シーンでの実の表情がどこか虚ろなところを見るとやはり「以前の記憶を失っているので、帰りたくても帰れないのでは?」というのは自然ですよね。

ただし、みね子の父が記憶喪失になってしまった理由も

  • スリにあった
  • 何者かに騙された
  • 事故にあった

など様々な意見が飛び交っています。

赤の他人説

やはり「実と思われる人物は全くの別人では?」という声も少なくはないようですね。そうなると「当のみね子の父親はどこにいってしまったのか?」と振り出しに戻ってしまうわけですが、このシーンには別の目的があったのでは?と説です。

どういうことかというと、今回の再登場(正確には再登場ではないわけですが)シーンはこの実に「似た人物」が今後みね子に接触してくることに対する前フリなのでは?というわけですね。

実の幽霊説

最後はちょっとオカルトチックな話になってしまうのですが「既にみね子の父は亡くなっていて、あのシーンは実の幽霊では?」という説です。実のあの虚ろな表情は「既にこの世の人ではない」というわけです。

確かによく見ると実と思われる人物は人をすり抜けているようにも見えないこともありません。ちなみにこのあとみね子たち乙女寮のメンバーは海水浴に行く予定があったのですが、雨で中止となってしまいました。これも実の警告だったのでは?と話が繋がっていきます。

まあ、ひよっこの放送時期が夏にかかっているのでこういう「幽霊話」も悪くはないのですが、もしそうならちょっとゾッとしてしまいますよね。

結局のところ、シーンの放送時間が短いこともありこれだけではなんともいえないというのが正直なところでしょうか?やはりみね子の父親の失踪の件が解決するのは後半に入ってからなんでしょうか。今は続報は待つしかないですね。

以上、ひよっこのみね子の父親・実の再登場シーンのネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました!

「ひよっこ」42話のみね子の父・実の再登場シーンをもう一度見たいならこちらから