ひよっこ 18週の世津子と雨男(アメオ)こと実との出会いについてのネタバレ記事です。ヒロイン・みね子の父・実が2週から行方不明になり、15週が経過した17週「運命のひと」のラストでようやく再会することができました。

しかし、実は大方の予想通り「記憶喪失」となっていて、みね子たち家族のことをすっかり忘れていたんですよね。

ここで気になるのが「なぜ大女優の川本世津子の家に実がいたのか?」ということです。実は18週「大丈夫、きっと」の第1回目となる7/31(月)の108話で世津子と実の出会いが明らかになったので改めておさらいしてみましょう!

スポンサーリンク

ひよっこ ネタバレ 18週 世津子と実が出会ったのはいつ?

世津子(菅野美穂)と実(沢村一樹)が出会ったのは2年半前です。実と連絡が取れなくなったのはひよっこ 2週「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」でのことで、当時のみね子(有村架純)は18才でした。

18週時点ではみね子は20才を過ぎてから少し経っているということを考えれば、実がスリに襲われて記憶を失った直後ということになるんでしょうかね。

世津子は記憶を失い、虚ろな表情でさまよっている実を発見します。最初は「怪しい男」といった感じでしたが、どこか怪我をしている状況なのでそのままにするわけにもいかないと考えました。

そして、見た目は悪い人でもなさそう、と思った世津子は実に色々と話しかけ、そして自宅に置くようになったとのことでした。

※ただし、名前すら思い出すことができなかった実でしたから、世津子はとりあえず仮の名前として「雨男(あめお)」という名前をつけたわけですね。

ちなみに、実が2年間もの長い間警察に発見されなかったのは実がずっと世津子の家にいたからなんですよね。

もちろん、実は世津子の家に「監禁」されていたわけではないので、たまに外出することはありましたが、それでも目撃情報は少なかったということなんでしょうね。

しかし、そもそも世津子が実のことをすぐに警察に届けていればすぐに見つかったのでは?と思いますよね。一体なぜ世津子は警察に届けなかったのでしょうか?

ひよっこ ネタバレ 18週 世津子が実の件で警察に連絡しなかった理由は?


ここで最初の世津子と実の出会いを振り返ってみます。世津子が「怪しい」と思いながらも「怪我をしていたから」ということで実を助けましたね。

このとき当然世津子は実に警察や病院に行くように伝えました。しかし、実は「もしかすると自分は人を傷つけたり、殺めたりしたのではないか。それを知るのが怖い」と世津子の申し出を拒否しました。

※実際は逆で実は「被害者」だったわけですが、もちろん本人はそれすら覚えていませんでした。

世津子は実がそれほど悪い人間ではないと考えたのですが、逆にそんな実が加害者だったらということを恐れ、実の訴えを受け入れたというわけです。その一方で世津子自身も実に何らかの好意があったとも考えられますよね。

実際、世津子の家には本人とアメオ(実)以外は誰も住んでいないように見えますし、二人のやり取りを見ると知らない人から見れば「夫婦」や「恋人同士」のようにも見えます。

また、世津子にとってはアメオの存在は2年間自分の「癒やし」になっていました。この辺は実、というよりは中の人の沢村一樹さんならでは、といったところもあるんでしょうかね。

追加情報:本当に医者には連れて行っていた件

実からは「警察にも医者にも行きたくない」と言われたためにそうしなかった、と言っていた世津子ですが、実はちゃんとお医者さんには診てもらっていたことが判明しました。詳しくはこちらにまとめました。

ひよっこ ネタバレ 18週 世津子と実の今後はどうなる?


もちろん、世津子はみね子に聞くまでは雨男に家族がいることは全く知りませんでした。18週ではみね子の母・美代子(木村佳乃)も実に会いに来るのは明らかです。

※というか、美代子と実、みね子の3人で世津子の家を出るシーンもありましたよね。

17週ラストで世津子がみね子に実を会わせたことを考えれば、「アメオ(実)は絶対に渡さない」という展開にはならないとは思うんですけど、実際のところはどうなんでしょうかね。

また、世津子のキーマンとしての役割もこれで終わりなのかも気になりますよね。18週以降のひよっこの展開が見逃せない要素の一つであることは間違いないでしょう。

追加情報:世津子の家を出た実が向かう先は?

19週以降の実についての情報が少しずつ明らかになってきたので、紹介します。実はその後あかね荘でみね子と一緒に二人暮らしをすることになりました。そして、気になるのが実は茨城に帰るのか?ということですが、詳細についてはこちらにまとめました。

以上、ひよっこ 18週の世津子と実の出会いについてのネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございます!