ひよっこの最終回までの注目ポイントのネタバレ記事です。ついにひよっこも2017年9月末で終了してしまいますね。

最初は視聴率的に「不調」と叩かれていた「ひよっこ」でしたが、ある時からそんな声はすっかり消えてしまいましたよね。

※もちろん、若干ながら残っているのは否定できませんが・・・。

そんなひよっこですが、最終回に向けて「これだけは注目しておきたい!」という内容をまとめてみました!

スポンサーリンク

ひよっこ ネタバレ 最終回まで120%楽しむ方法とは?


ひよっこでは過去に

  • みね子の父の失踪
  • 大女優・世津子の意外な過去
  • 富の美人すぎる過去

などいろいろな謎が登場しては解決(?)していきましたね。

しかし、そんな中まだ決着していない話が幾つかあるんです。公式ページの人物紹介を見ると実はきちんと書かれてはいるのですが、意外とスルーされてしまっているんですよね。

しかし、実は深い話が隠されており、それが最終回までに徐々に明らかになっていくわけですね。

そんなわけでひよっこに登場する人物一人ひとりをもう一度注目してみるとより一層ひよっこが面白くなりますよね!

ヤスハルがこれだけ愛されるイジられキャラになったのも登場当初は中々予想できませんでしたし、最終回まで他の登場人物が「ブレイク」する可能性も十分ありえますよね!

ひよっこ ネタバレ 最終回までここに注目!

とは言っても、ひよっこに登場している人物はそれなりにいますし、今から一人ひとりをチェックするのは結構骨ですよね。

そこでここでは最終回までに新情報が明らかになる登場人物を紹介します!具体的には最終週の26週はもちろんのこと、その前の25週で新たに(再び)注目されるキャラを見ていきましょう!

早苗の乙女すぎる秘密

早苗(シシド・カフカ)といえば「永遠の25才」ですよね。そんな早苗の秘密は第25週の「大好き」で明らかになります。具体的には早苗が見合いに断られ続けたのには実は理由があった、という内容です。

世津子と雨男(アメオ)の毎日が明かされた理由

世津子(菅野美穂)はみね子の父・実(沢村一樹)=雨男(アメオ)との生活について心に留めておくつもりでした。しかし、25週で早苗の説得によりみね子に明かされることになります。

愛子と省吾の結末

みね子とヒデ(磯村勇斗)、三男(泉澤祐希)と時子(佐久間由衣)と米子=さおり(伊藤沙莉)の恋愛が注目される一方で忘れられているのが愛子(和久井映見)の恋愛ですよね。

愛子さんはあかね荘に引っ越してからはほぼ毎日登場していますが、すずふり亭のコック長・省吾(佐々木蔵之介)に一目惚れした、という部分については逆に薄れてしまっているように見えます。

実はそんな愛子と省吾の恋愛(というか、愛子の一方的な片思い)も25週でようやく決着を迎えることになります。しかし、その結末はかなり意外なものとなりそうなんですよね。

三男の結婚

結局、三男は時子にフラレてしまいました。となれば、米子=さおりにとっては千載一遇のチャンスということになるのですが、三男はさおりと結婚するのでしょうか?

外堀は既に埋まっており、後は三男の気持ち次第ということになるわけですが、こればかりは最終週(26週)の「また会う日まで」まで引っ張りそうですよね。

みね子とヒデの結婚

クランクアップの写真等からもほぼ確実視されている「みね子とヒデの結婚」ですが、やはり気になるのは「いつ結婚するのか?」ということですよね。

最終回をみね子とヒデの結婚で締めくくるのか、それともその前に結婚をして最終回はみね子とヒデの子供が登場するのか、気になるところです。

とはいえ、噂の「茜」は実はあかね街商店街の中華料理屋の養子という情報も出ています。また、みね子の結婚から出産というのは残りの話数的には厳しいですかね。

以上、ひよっこの最終回までの注目ポイントについてのネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございます!