ひよっこの「チケットの少女」のキャストについての記事です。と言っても「チケットの少女」って誰?という人結構多いのではないでしょうか?実は15週頃からひよっこのヒロイン・みね子の恋愛話が始まるのですが、そのきっかけとなるため非常に重要人物なんですよね。

そこで今回はひよっこの「チケットの少女」のキャストについて紹介します。

スポンサーリンク

ひよっこの「チケットの少女」って誰のこと?初登場はいつ?

ひよっこの「チケットの少女」が登場したのは7月3日(月)放送の79話です。14週「おれは笑って生きてっとう!」の中での話ということになりますね。

この少女もまた、宗男たちと同様にビートルズの熱狂的なファンであり、チケットの応募をしていたのですが残念ながら当選には至りませんでした。それでも諦めきれない少女は誰かにチケットを譲ってもらえないかと「チケットゆずってください」のプラカードを掲げ、商店街を走り回りました。

実はすずふり亭の前も通り過ぎていましたね。

しかし、その努力も虚しくチケットを手に入れることができませんでした。7月5日(水)の81話ではそんな少女が途方にくれ、路上に座り込んで一人泣いている姿が描かれてしました。しかし、そんな少女の前に救いの手がやってきます。

それはみね子の叔父・宗男(峯田和伸)とイケメン大学生・島谷純一郎(竹内涼真)、そして同じくイケメンなコック見習いの前田秀俊(磯村勇斗)の3人です。宗男はその少女がチケットが当たらなかったことを聞くと自分のチケットをその少女に譲ります。こうして「チケットの少女」は念願どおりビートルズのコンサートに行くことができたわけです。

とここまで聞くと「あれ?この少女、宗男に惚れた?」と思ってしまいますよね。確かにこの時の宗男はかなりカッコイイです。しかし、「チケットの少女」が絡む恋愛話は思わぬ方向に進むことになるんですよね。

※ちなみにチケットの少女は14週時点では特に名前はないようですね。

ひよっこの「チケットの少女」が恋のライバル!?


ひよっこの「チケットの少女」ですが、実は次週の「恋、しちゃったのよ」で再登場します。その少女はバー「月時計」での時子(佐久間由衣)の歓迎会の時にたまたま、そこにいました。

ビートルズのチケットのお礼を直接言うべき宗男は既に滋子と一緒に茨城に帰ってしまいましたが、島谷が宗男と一緒に居たことをしっかり覚えていました。そこでその少女は島谷に以前ビートルズのチケットを譲ってもらったことについてお礼を言います。

とはいえ「チケットの少女」には島谷にお礼を言う以上に特別な感情があったわけではありませんでした。しかし、少女と島谷の二人のやり取りを見てある人物が嫉妬してしまうんですよね。それが実はヒロイン・みね子(有村架純)だったわけです。

今回のチケットの少女の一件がきっかけとなったことが直接関係するかどうかはともかく、ここからみね子と島谷の関係が急接近していくことになります。ちなみに当人たちとしては周りには内緒というスタンスでしたが、思いっきりバレバレなのは言うまでもありません。

※まあ、それ以前にはみね子と島谷の関係は今までのイケメンメンバーとはちょっと違う雰囲気はありましたけどね。

ひよっこの「チケットの少女」を演じるのは誰?

ひよっこの「チケットの少女」を演じていたのは鈴木アメリさんです。

生年月日 1986年9月12日
出生地 東京都
身長 167 cm
血液型 B型

ご本人も公式ブログやTwitterで報告していましたね。

鈴木アメリさんは大学時代は演劇研究会に所属し、卒業後も2008年から2016年の約8年間、劇団「犬と串」で演技力を磨いてきました。実は過去には

  • CoRich舞台芸術祭り2013春 俳優賞
  • 黄金のコメディフェスティバル2013 優秀俳優賞

などの受賞歴もあり、その演技は折り紙付きと言ってもよいでしょうね。

テレビドラマでのレギュラー出演は、ホテルコンシェルジュ(2015年、TBS)の玉山和代役やクロスロード(2016年、NHK BSプレミアム)とまだまだ少ないですが、今回のひよっこでは出番が少ないながらも非常に重要な役柄を演じていましたし、今後の活躍に期待したいですね。

しかし、今回のひよっこの「チケットの少女」ですが、やはりこのまま「名無し」で終わってしまうんでしょうかね・・・。とりあえず15週で名前を公表するか期待しておきましょうか。

以上、ひよっこのチケットの少女についてでした。最後までご覧いただきありがとうございました!