べっぴんさんのきよさんの年齢についての記事です。べっぴんさんのきよさんといえば、もちろん坂東家の女中頭であり、ドラマ上ではずっとヒロインのすみれの側で長く世話をしていた喜代のことです。

べっぴんさんでは靴屋「あさや」の麻田、すみれの祖母のトク子と次々に亡くなっています。そして、父・五十八もその人生に幕を下ろそうとしていますよね。

そんな中、気になるのがきよさんと忠さんこと執事の忠一郎です。見た目では同年代の(またはそれよりも若い)五十八が他界するとなれば喜代と忠一郎の2人の最期も近いということになるんでしょうかね。

そもそも、きよさんって何歳なんでしょうか?非常に気になることばかりですので、きよさんの年齢とドラマ「べっぴんさん」でのきよさんの最期について調べてみました。

スポンサーリンク

べっぴんさんのきよさんの年齢は?これで決着!?


早速、べっぴんさんのきよさんの年齢について調査してみました。まずはドラマ「べっぴんさん」の公式ページの喜代の紹介を確認してみましょう。

佐藤喜代(宮田圭子)

坂東家の女中頭で、すみれとゆりのよき養育係。
戦後もすみれと行動を共にし、働かなければいけなくなった母親たちの代わりに、子供たちの世話をすることになる。

※べっぴんさん公式ページから引用

どうやら「べっぴんさん」の公式ページではきよさんの年齢には特に触れていないようですね。

では次にきよさんのモデルとなった人物について確認してみましょう。きよさんのモデルとなったのは坂野家に勤めていたお手伝いさんの一人、宮本さかえさんでしたね。

宮本さかえさんもドラマ「べっぴんさん」と同様に、戦後もずっとヒロインのモデルの坂野惇子さん、夫の通夫さん、そして娘の光子さんに長く仕えていました。

しかし、この宮本さかえさんについて確認したところ、残念ながらプライベートな情報についてはほとんど記録には残っていませんでした。もちろん、年齢についても明らかになっていません。

つまり、きよさんの年齢については公式ページやモデルの人物からは確認することができませんでした。

見たところだと、すみれの父・五十八と同じくらいの年代かそれより若干上のような気がするのですが、実際のところどうなんでしょうか?

べっぴんさんのきよさんのラストが意外過ぎる!?


気になるのはべっぴんさんのきよさんがいつ亡くなってしまうのか?ということですよね。元々腰痛持ちのきよさんはさくらが幼い頃に一度症状が悪化して入院したこともありました。今ではさらに高齢となってしまったので、非常に体調面が心配になりますよね。

実はきよさんがべっぴんさんでは亡くなるシーンはありません。となるとドラマの最終回まできよさんはすみれたちと一緒に登場するのか?と期待してしまいますが、残念ながらそういうわけでもないんです。

きよさんのラストはかなり意外なものでした。それは「旅に出る」というものです。あまりに意外な結末に思わず「?????」となってしまった人も多いですよね。

実はきよさんと同様に長く坂東家に仕えていた執事の忠さんが大きく関係します。実は忠さんときよさんの(仕事上の)付き合いは非常に長く、忠さんにとってはきよさんは初恋の女性だったんですよね。

そんな忠さんはついにきよさんに自分の気持ちを伝えます。そして、忠さんから残りの人生を二人で過ごしたいと切り出され、きよさんがそれに同意した形で二人で旅に出ることになるわけです。

確かにきよさんのモデルとなった宮本さかえさんについてもその最期については明らかになっていません。そして忠さんに関してはそもそもモデルのいない全く架空の人物では?という噂もあります。

そんなわけできよさんと忠さんの二人についてはドラマからフェードアウトする、と言うかたちでラストが描かれることとなったようですね。

べっぴんさんのきよさんの意外過ぎるラストの原因は龍一!?


気になるのが「なぜ、きよさんと忠さんが今更旅に?」ということですよね。これには実は良子の息子の龍一も絡んでいます。龍一はある日、良子と勝二に「冒険旅行に行きたい」と言い出します。如何にも「自由過ぎる」龍一ならではの発想ですよね。

もちろん、両親は大反対です。しかし、そんな龍一に助け舟を出したのが忠さんこと忠一郎なんです。忠さんは

人生は冒険旅行のようなものじゃないか!
龍一ももう子供ではないのだからさせたいようにさせてみては?

と龍一の冒険を後押しするような発言をします。

この直後、忠さんはきよさんに一緒に旅に出ようと切り出すわけです。やはり忠さんは龍一の思い切った行動に一念発起したということなのでしょうかね。

しかし、忠さんが「旅に出る」と切り出したことはもちろんのこと、きよさんもそれに同意する時点で二人はかなり思い切っていますよね。きよさんとしてはすみれの娘のさくらが「一人前になった」ことで自分の役目がいよいよ終わったと感じた上の決断だったのでしょうかね。

以上、べっぴんさんのきよさんの年齢と意外過ぎるラストについて、でした。