朝ドラ「べっぴんさん」の22週「母の背中」の前半部分の感想です。べっぴんさん 22週はさくらたちの配属先決定から始まりましたね。本店の修理のために若手たちだけで仮店舗を経営したり、栄輔の誘いで万博の仕事にも携わることになったり、さらには龍一も帰国したりと盛りだくさんな一週間になりそうです。

スポンサーリンク

べっぴんさん 22週前半の感想①仕事に悩むさくらと健太郎


さくらは希望のデザイン部に配属されました。しかし、すみれたちの仕事の進め方になかなかついていけていない様子です。色の表現も独特でしたよね。

例えばドラマで登場したワンピースの色に使う「涙色」のような水色。淡く透き通るような色味ということでしょうか。私も「涙色ってどんな色?」と聞かれても答えられません。

また、仕事に関して言えばすみれがさくらにドライな感じがしました。家の中でも仕事で悩み続けるさくらに「家で仕事の話はやめましょう」とちょっと素っ気ない程度を見せていましたね。

まあ、これも会社でのさくらの立場を考えた上でのすみれなりの気遣いなのでしょうか。家でも仕事のアドバイスをしていたら、それこそ他の社員より優遇することになってしまうのかもしれませんよね。

一方の健太郎は開発宣伝部に配属されました。健太郎的には現場の仕事がしたかったようで落胆している様子でしたね。しかし、私は逆に新人から会社の経営に関わる仕事ができるというのはそれだけ期待されていることだよ、と伝えてあげたい気持ちになりました。

健太郎自身は非常に賢い人間なのでそれを理解しているのかと思っていましたが、そこまで割り切って受け入れることができないところがやはり若いなと感じました。

べっぴんさん 22週前半の感想②健太郎の職場で気になる二人に注目!


22週前半では健太郎の開発宣伝部でのシーンが割りと多めだったように感じます。その中で健太郎に関係する二人の職場の先輩、同僚が印象に残ったので紹介します。

1人は明日香です。明日香は健太郎と一緒に一緒に仮店舗を経営することになるわけですが、とにかく後輩への嫌味があからさまでしたね。隠すタイプかと思いきや、しっかり全てをさらけ出してきています先輩でした。

さらに言えば知り合いのさくらには抑え目で健太郎にはたっぷりと使い分けているところが悪い意味で「女らしい」と感じました。まあ、明日香としては縁故入社というところで健太郎の実力を疑っているのでしょう。

ただし、それを仕事に持ち込むのはあまりよろしくないですよね。そんなものだ、と割り切るべきなんじゃないでしょうか。逆にそんな職場環境でも真面目に仕事をするさくらや健太郎が非常に立派に見えますよね(制作的にはこれが狙いなのかもしれませんが・・・)。

健太郎も嫌味を言われっ放しではありません。仮店舗初日の失敗で落ち込むだけかと思いきや万博のお客をターゲットに宣伝という戦略で大成功していましたね、やはり健太郎はなかなかできる男です。オライオンの社長に直接発注を頼むなど普通の新人ではやらないこともしていました

つまりは自分にできることできちんと結果を出せばいいのですよね。この健太郎の行動力にはただのお坊ちゃんじゃないと明日香も認めたようで安心しました。

そして明日香ともう1人気になったのが新人の阿部です。周りの空気を読んでその場を収める力は今後キアリスを動かす人物になるのでは、と大物の片鱗を感じました。阿部のような人物は学校や職場には必ずいてほしいタイプですよね。

べっぴんさん 22週前半の感想③KADOSHO社長が怪しい!?いきなり引き抜き!?

22週からKADOSHOの社長・古角が登場しました。今までは大手のトップといえば大急百貨店会長の大島がいましたが、古角と大島はやはり全く違う人物のようですね。一見すると大島会長のように仕事に情熱を持った性格にも見えますが、万博のショーの提案シーンを見ると自信家で少々厄介な印象もありそうです。

健太郎と会話するシーンでは、ヘッドハンティングするのかと思いました。どことなく野心家な雰囲気の古角ですが、エースの栄輔とも仕事に対する気持ちが違うように見えます。このシーンを見て、万博のショーは無事に進められるのかとちょっとだけ心配になってしまいました。 

べっぴんさん 22週前半の感想④見どころは新人だけではない!?3シーンに注目!


今回、さくらや健太郎のほかに演技が面白いなと感じた場面が三つあります。一つは仮店舗の様子をスパイのように見ていた中西たちです。コミカルな武と中西のコンビが良かったです。

もう一つは健太郎へのやっかみがあると知り落ち込む君枝の手に、すみれがお菓子(シナモン?)を握らせているところです。台本通りなのかアドリブなのか、すみれなりの小さな励ましですね。女性は甘いもので元気になれることもありますから。

そして最後のシーンは仮店舗初日にさくらたちにアドバイスをする勝二のシーンです。この時の勝二はかつてすみれたちを見守っていた麻田が重なって見えました。ひょっとすると今後さくらたちにとっては勝二は麻田になるのかもしれません。

また、現在勝二が経営する喫茶店は帰ってきた龍一が引き継ぎ、「世界のお料理」のお店になっていく予感もします。以前「麻田→紀夫」とキアリスの社長を引き継いだことが「勝二→龍一」で再現するんでしょうかね。

べっぴんさん 22週前半の感想のまとめ


今回の朝ドラ「べっぴんさん」22週「母の背中」の感想はいかがだったでしょうか?公式ページの22週のあらすじでは、

  • さくらのデザイン部での健闘
  • 健太郎の開発宣伝部での奮闘
  • 仮店舗での苦戦

と言う概要は紹介されていましたが、やはり細かなところの見どころはあらすじでは紹介しきれないです。こればかりはやはり実際にドラマを見てみないとつかめませんよね。

今回の22週放送の前半部分をうっかり見逃した人はもちろん、もう一度見直したい!というあなたも見逃し配信でもう一度確認してみれば新しい発見があるかもしれませんね。

以上、べっぴんさん 22週「母の背中」の感想についてでした。