朝ドラ「べっぴんさん」の17週「明日への旅」前半の感想についての記事です。前半はしばらく距離を置くことになったすみれとさくらの話とキアリスの大急百貨店のための展示の2本立ての話でしたね。すみれたちのギクシャクした関係とは対照的にキアリスの仕事が好調なのがなんとも皮肉ですよね。

スポンサーリンク

べっぴんさん 17週前半の感想①すみれはさくらに何を伝えればよいかわからない状態に


ずっと「良い子」だと思っていたさくらが急に反発をし、ついには家出をしてしまいました。すみれはそんなさくらの気持ちが分からないため、掛ける言葉が見つからず、会いに行くことすらできない状況です。

大急の展示案の「女性の一生」を眺めては昔のことを思い出すでしょうし、悦子の結婚や悦子と娘のやよいとの関係を見ては自分とさくらの関係に照らし合わせていたのかもしれません。

以前母が「子供たちがまだ小さかった頃に戻りたい時があるし、あの頃で時が止まればいいなと思ったことがある」と言ったことを思い出しました。例えばさくらなら喜代さんのぜんざいを喜んで食べて、キアリスの食器を楽しそうに使っていたような頃でしょう。まだまだ素直で愛らしい小さな子供時代が懐かしくなるんですよね。

しかし現実ははなのナレーションにもあった通り

これまでに辿った道が今を作っています。
未来のために頑張らなければならないのもきっと今なのです

ということですよね。すみれはこれからどうさくらと接するのか非常に気になるところです。

べっぴんさん 17週前半の感想②さくらに反抗期と初恋が一気にやってきた


最初はさくらが家出した理由は家にいても楽しくない家族の意味が分からないなどかと思いました。しかし、今では親への反抗なのか、もはや二郎への恋心の方が強いのか、よく分からない状態になっていますよね。

さくらは二郎の側にいたいがために自分も東京へ行きたいと言い出しましたが、その割に計画性がありません。やはり五月の言うようにさくらはお嬢さんなのでしょうか。その一方でパッと勢いや思いつきだけで突き進む若者らしくもあります。

さくらが二郎への恋が実らないのは想像がつくわけで、そういう意味では余計なお世話なのですが早く健太郎の気持ちに気づいたらな、と思ってしまいます。

結局のところ潔の言っていた通り、まだまださくらは長い人生のまだまだ最初のほうなんですよね。本来は家族みんなで考えて悩んでみればよいのですがなかなかそういうわけにはいかないようです。それだけに若者というのはこうも危ういものなのかとも感じてしまいます。

夢に向かって頑張っている二郎や自立しようとしている五月と比べると、まだ地に足のついていないさくらは見ていてヒヤヒヤしますし、やっぱり世間知らずなお嬢さんということなんでしょうかね。

べっぴんさん 17週前半の感想③紀夫が初めてさくらとすみれの関係についてコメント!?


今まで紀夫はすみれとさくらの関係という面ではあまり目立たなかったように感じます。もちろん、紀夫は紀夫で二人のことを非常に心配をしているのですが、どうもドラマではそれが表に出てこないと思うのは私だけでしょうか?

そんな紀夫が初めて(?)さくらの家出についてコメントしました。それが

家族は一緒におるもんやと思う。
なんで家族なのに一緒におられへんのか分からへんのや。

でした。

思い起こせば、紀夫はさくらが生まれる前に出征し、長い間すみれやさくらと一緒に過ごせませんでしたよね。当時は一緒にいたくともいられなかった紀夫らしい言葉ですよね。

しかし、残念ながらすみれの姉・ゆりの言葉どおり、「もうそんな段階は通り越してしまった」というのが現実なんですよね。

べっぴんさん 17週前半のおまけ 悦子の再婚の件


べっぴんさん17週では悦子の再婚話もありましたね。なんと悦子のフィアンセは「あの」小山でした。といっても以前にこの2人がお互いに目配せするシーンがあったんですよね。

それだけに何となく悦子と小山は結婚するんだろうな、とは思っていました。しかし、あの目配せシーンはほんの一瞬だったので気づかなかった人も結構多いのではないでしょうか。実は周りでも悦子と小山の目配せシーンを見逃した!という人は意外に多かったんですよね。

まあ、すみれとさくらのあの状態はしばらく続きそうです。それだけに「悦子の再婚」は少しホッとしますよね。

以上、「べっぴんさん」の17週「明日への旅」前半の感想についてでした。