とと姉ちゃん 5週「常子、新種を発見する」のあらすじを紹介します。

4週ラストの放送の24話で常子のカンニング疑惑は無事晴れたものの
新たな問題が発生しました。

何と突然鞠子の制服が消えてしまったのです。
これには意外な真相が隠されていました。

そして、気になるのがタイトルの「新種」という文字。
一体何のことなんでしょうか?

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 5週(前)鞠子の制服紛失事件の真相は?

干してあったはずの鞠子(相楽樹)の制服が突然消えてしまったということで
常子(高畑充希)は早速制服の捜索活動に入ります。

すると富江の部屋の前で見慣れないボタンを発見することになります。
そして、無事制服も見つけることができたものの
一部が破れてしまっていることが発覚します。

そのため、鞠子の制服を直すべく滝子(大地真央)のミシンを借りて修繕を行います。
ここで常子は滝子から
この青柳を継いでみたいとは思わないかい
と思いがけない問いかけを受けます。

結果、鞠子の制服は元通りに直ったので、
富江は鞠子に正直に誤り、制服を返そうとしました。

しかし、思いがけぬところから森田屋の面々に広まってしまいます。
宗吉(ピエール瀧)は一度は激怒するものの、富江の本心を知ると
その怒りを収めるだけでなく、むしろ富江に強い負い目を感じることとなります。

とと姉ちゃん 5週(後)星野が森田屋にすっかり馴染んでしまう瞬間とは?

常子を星野(坂口健太郎)と再会します。

しかし、久しぶりに見る星野は貧血で倒れる寸前という状態です。
常子に連れられて森田屋にやってきた星野は一度は怪しいと警戒されながらも
直ぐに打ち解けることになります。

宗吉は星野を「葉っぱのあんちゃん」と呼び可愛がるほどでした。

そんな星野の夢は日本で未発見の新種の植物を見つけることでした。
そして、星野はついに青柳商店でその新種を見つけるに成功します。

しかし、その新種は星野が見つけるより数日前に既に他の人物によって
発見されていました。

酷く落ち込む星野でしたが、それを救ったのは
常子が星野の故郷のみそで作った味噌汁でした。

常子は

元気でいてください。
御国のご両親のためにも。

と星野に告げます。

とと姉ちゃん 5週のあらすじは以上です。