べっぴんさんの13週「いつものように」のネタバレです。とはいっても12週のラストで紀夫が正式にキアリスの経理を専任すること、その上すみれがキアリスに復帰した時点で今までのキアリスとはちょっと違います。

13週の3日間の放送では、そんな紀夫とすみれがキアリスに入った後のちょっとしたエピソードが描かれます。実直に仕事をしようとする紀夫に対して、インスピレーションで行動をするすみれ。そんな二人の違いがはっきりと分かるような内容となっています。

スポンサーリンク

べっぴんさんのネタバレ 13週①キアリスが株式会社になるために紀夫が一肌脱ぐ!?


12週「やさしい贈りもの」放送時点のキアリスはクリスマス商戦もあったのですが、経理の手が足りなくなるほど多忙でしたね。しかし、逆を言えばそれだけキアリスの売れ行きが伸びているということは間違いありません。

大急百貨店の大島(伊武雅刀)はそんな好調なキアリスを株式会社にしてみてはどうかとすみれ(芳根京子)たちに持ちかけます。今までのキアリスの資金源はこれまでのキアリスの売上から諸々の経費を差し引いた収入でした。もし、株式会社にすればこれに周りから集めたお金を加えることができますので、さらに手を広げることが可能となります。

すみれたちは将来を見据えた上でキアリスを株式会社にすることに決めます。実はこのタイミングで紀夫が経理担当になるだけではなく、靴屋の主人の麻田(市村正親)がキアリスの社長に就任します。さらには株式会社設立に先立って銀行からの融資も始めました。しかし、ここで一点問題が発生します。

以前、大急百貨店への出店の話が来た当初はすみれ、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)の3人の「お嬢様」な部分が露呈することになったのですが、今度は3人の「女学校の裁縫倶楽部」時代のふるまいが抜けていないことが明らかになったのです。

ここで立ち上がるのがキアリスの正式な経理担当となった紀夫(永山絢斗)です。紀夫は曲がりなりにも坂東家の次期当主として、事前に正蔵(名倉潤)から仕事のノウハウを叩き込まれていました。そこで紀夫はすみれたちキアリスの社員に社会人として振る舞わせるようにします。

※残念ながら坂東営業部では紀夫の力が十分に発揮できないまま、辞めることになってしまいましたが・・・。

まず始めに紀夫は以下のルールをすみれたちに徹底させます

  • 毎朝朝礼を行う。
  • お互いを下の名前ではなく、苗字で呼び合う。

もちろん、これは紀夫の独断で決めたことです。当然すみれたちキアリスのメンバーが戸惑うのは言うまでもありません。それでも渋々と紀夫に従うことにします。

べっぴんさんのネタバレ 13週②紀夫とすみれがいきなり対立!?その理由とは?


ある日すみれの元を姉のゆり(蓮佛美沙子)が訪ねます。ゆりと言えば現在、潔との子供を妊娠していましたね。そこで出産と子育ての経験を持つすみれに相談しに来たというわけです。

ゆりはちょうど将来生まれる子供のために必要な道具を集めるのに苦労していました。考えてみればすみれの出産の頃は戦時中ではあったものの神戸の屋敷は健在であり、モノには困っていませんでした。しかし、現在は当時のようにもいかず、それなりの手間がかかります。

ただでさえ出産で大変なのにこれ以上母親に負担をかけるわけにはいかないですよね。そこですみれは現在の子供服専門であるキアリスを子供のものならなんでも揃う総合百貨店にすることを考えます。しかし、服などの布製品なら自前で何とかなるもののそれ以外の道具となるとそういうわけにはいきません。

思い立ったら即行動に移すのがすみれです。すみれは早速子供用食器を作るためにあちこちの工場を周り始めます。しかし、これが紀夫の怒りを生むことになります。実際に子供用食器を工場に作ってもらうとするならそれなりのお金がかかるのは言うまでもありません。

つまり現場の判断で勝手に話を進められてはお金の管理なんて到底できないわけです。何か新しいことを始めるならまずは経理に相談すべきでは、というのが紀夫の考えだったのです。

とはいえ、残念ながらすみれたちはそんな紀夫の気持ちなど露知らずの様子で話をどんどん進めてしまいます

べっぴんさんのネタバレ 13週③大成功でもすみれは結果に不満!?


すみれたちが紀夫の意見を聞かず、話を進めてしまったのには子供用食器は確実に売れると自分たちの仕事に絶対の自信があったからです。しかし、紀夫は万が一のリスクを考え、社長の麻田と潔(高良健吾)に相談しました。その結果、紀夫もすみれの子供用食器の生産、販売を認めることにします。

子供用食器はすみれの読み通り売り出し後、即完売とまさに「大成功」でした。しかし、すみれは紀夫の取った行動に対して不満を訴えることになるのです。

べっぴんさんの13週の原作 子供用食器の意外な真実とは?


13週「いつものように」の子供用食器のエピソードですが、なんと実話に基づいた内容となっています。

すみれのモデルである坂野惇子はふとしたきっかけで日本陶器(現・日本陶器株式会社)という会社と知り合うことになります。その会社は自分たちが運営している「ファミリア」と同様に、モノ作りに非常に拘っていて、まさに「別品(べっぴん)」を取り扱う会社でした。

惇子はぜひ日本陶器の食器をファミリアで扱いたいと考え、その場にいた田村光子(明美と悦子のモデル)とデザインを決め、2万個の食器の発注をしたのです。紀夫のモデルの通夫は惇子たちの勝手な行動に激怒をし、二人を叱りつけます。

しかし、特に惇子があまりに強情で自分の意見を決して曲げることがなかったため、通夫は惇子に根負けをし、渋々日本陶器への2万個の発注を認めることになりました。

こうして、ファミリアで日本陶器の食器が売られ、後のロングセラー商品になった、というのが史実の内容です。

ちなみに現在の日本陶器で取り扱っている子供用食器の一つがこちらです。

※画像をクリックするとNoritake(ノリタケ) ファインポーセレン ライトステップ お子様用食器 子供セット Y4816/5002Rの購入ページにリンクします。

「日本食器」という名前自体はあまり馴染みがなくとも「ノリタケの食器」といえばすぐにイメージがつきますよね。そうです。あの高級食器ブランドのノリタケです。

確かにこの食器を2万個ともなればかなりの額になるのは想定できますよね。これなら通夫が怒るのも仕方がないですよね。まあ、史実でも結果オーライだったわけですが、惇子たち女性陣はドラマ「べっぴんさん」と同様、かなり思い切った行動をしていたというわけですね。

以上、べっぴんさん 13週「いつものように」のネタバレでした。

※13週の感想についてはこちら
[blogcard url=”https://xn--nhk-1m4b9f3344a.com/impression-13th-week-kiyoshi-quotation/”]