とと姉ちゃん 21話のあらすじについて紹介します。

前回20話のラストで弁当の取り違えるという事態が発生しました。
これには客だけではなく、主人の宗吉も怒りが収まらない様子のため、
常子たちが謝罪に回ることになります。

さらに森田屋での立場を悪くした小橋家でしたが、
常子たちのある行動により何と一発逆転に成功することになります。

さて、その行動とは一体何でしょうか?

スポンサーリンク

常子の提案とは?長谷川の一言とは?

今回の弁当の取り違いは最高級の「松」と
中ランクの「竹」の弁当の届け先が入れ替わっていたことが事の発端でした。

「松」を注文していた客がいざ蓋を開けたら「竹」だったということになれば
かなり損をしたことになるのは明らかですよね。

当然、「松」を注文した客の中には
二度と森田屋の弁当は注文しない
と怒りを爆発させた人もいたわけです。

そのため、常子(高畑充希)、鞠子(相楽樹)
それに君子(木村多江)たち森田屋一同は
謝罪と返金のために一軒一軒を回ることになります。

そして、「松」の注文客の謝罪周りが大体終わったところで、
常子は「竹」の弁当の注文客にも謝罪すべきだと主張します。

この常子の主張に長谷川(浜野謙太)は

得してんだから謝る必要なんかねぇだろ?

と反対します。

常子の行動の理由とは?吉と出るか、凶と出るか!?

常子は長谷川の反対を押し切り、
「竹」の注文客にも謝罪に回ることにします。

当然、「竹」の注文客からは

別に来なくても

と不思議がられます。

そして、常子の行動は宗吉(ピエール瀧)の怒りを更に増すことになります。
宗吉にとっては恥の上塗りとしか思えなかったからです。

まつ(秋野暢子)も常子の行動の真意が分からなかったので、理由を尋ねます。

すると常子はこう答えました。

たとえ、こちらが損になるような目に遭っても
間違った筋は通してはいけないっていうか・・・、
それが長いこと店を続けるうえで大切だって、思っていたので

それを聞いたまつは「気に入った!」と感心します。
実は常子の答えはまさに滝子(大地真央)から感じた老舗の心意気そのものだったのです。

滝子とまつは犬猿の仲ではありますが、
元は二人とも長く老舗の看板を守り続けていました。

当然、常子から老舗の心意気を感じたのなら賞賛しない理由はありませんよね。

「弁当の取り違え」事件で下手をすれば
森田屋を追い出されかねない状態だった小橋家でしたが、
逆に常子の「心意気の」行動から森田屋にとってかけがえのない存在となっていったわけです。

とと姉ちゃん 21話のあらすじについては以上です。