べっぴんさんのたけちゃんこと足立武の結婚についての記事です。武といえば、一度は明美に告白したもののやんわりとかわされてしまいましたね。しかし、その後のべっぴんさんのストーリーを見ると、たけちゃんはまだ明美のことを諦めていないようにも見えます。

そんな武に結婚の話が浮上します。いよいよ、たけちゃんの魂の告白に明美も応じることになったのでしょうか?その意外な結末に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

べっぴんさんのたけちゃんの明美への初めての結婚プロポーズとは?


べっぴんさんで初めにたけちゃんが明美に告白をしたのは、10週「商いの聖地へ」での1シーンのことでした。そのころはキアリスが大急百貨店の10日間の委託販売が大成功となり、男性陣と女性陣でささやかな祝杯を挙げていたときでしたね。

明美はその輪からは外れ、一人その場を立ち去りました。そんな武はそんな明美を追い、告白に至りました。その内容を一部抜粋すると

明美さんを幸せにしたいんや。
一緒にあったかい家庭を作りたいんです

と単なる告白というよりはほとんど結婚のプロポーズに近いものでした。

明美はそんな武の告白に一瞬動揺するものの、すぐに落ち着きを取り戻して「たけちゃん、おおきに。あー、うれしい」と軽く受け流します。この後、武にとってはしばらく気まずい状態となるわけですが、明美はそんな武に対して「普通にお姉さんでおるで」とフォローを入れていました。

結局、この時の武の結婚プロポーズは不発に終わりました。しかし、このときの明美の答えからすれば脈ありな感じもしましたし、実際に武が明美のことを諦めてはいなかったんですよね。

べっぴんさんのたけちゃんが2度目の結婚プロポーズ!?明美の回答は?


そんなたけちゃんが再び明美に告白するときがやってきました。それが20週「旅立ちのとき」です。もともとは武の縁談相手を見つけようとすみれ、明美、良子、君枝の4人が動き出したことがことの発端となりました。

しかし、武は初めて明美に告白してからは既に10年以上が経った今でも明美のことを諦めていませんでした。そのため、再び武は明美に告白することになります。以前の武は15才とまだまだ若かったので、明美がやんわりと受け流した形となりました。

そんな武も今ではキアリスの中心人物の一人として活躍しています。もう当時の「半人前の」たけちゃんではありません。明美も武の本気のプロポーズに正面から向き合うときがやってきたわけですね。

・・・しかし、明美の答えは残念ながら「No」でした。明美は「今の仕事が心から好きであり、仕事に一生を捧げたい」といい、自分は結婚するつもりがない、と武の告白をきっぱりと断ったのです。

10週「商いの聖地へ」では明美は武の結婚の告白にはっきりとした回答は返しませんでした。しかし、20週「旅立ちのとき」では明確な「No」を武に突きつけることになります。

こうして、たけちゃんと明美の結婚は完全になくなってしまった、というわけです。

結局べっぴんさんでたけちゃんは結婚する?たみ子って誰!?


べっぴんさんの武の明美への告白はこうして残念な結果に終わりました。そうなると気になるのは「たけちゃんは結婚するのか?」ということですよね。武がこのまま明美のことをひきずり結婚できないというのも非常に後味が悪いですよね。

でも、安心してください。結論から言えばたけちゃんは結婚します。武は後にたみ子という女性と結婚することになります。とは言ってもほとんどの人は「たみ子って誰!?」と思いますよね。

それもそのはずです。実は19週「希望」までの時点ではまだたみ子は登場していません。べっぴんさんの20週放送の「旅立ちのとき」では時代が昭和34年から昭和37年と3年進むことになりますので、そこで初めてたみ子が登場することが予想されます。

ちなみに現在確認できている限りでのたみ子の情報ですが、

  • 大急百貨店の事務の女性
  • 武と同じ大分県出身
  • 性格は非常に真面目

ということだけです。
※たみ子の詳細についてはこちらにまとめました。

ドラマ上ではすみれたち4人が縁談相手の一人としてたみ子を見つける、という展開が予想されますが、出身地と性格から考えると武とたみ子の関係は意外とうまくいきそうな感じがしますよね。

残念ながらよほどのことがない限りは明美が結婚しないということはほぼ確定事項となってしまいました。まあ、たけちゃんが明美のことを吹っ切れてたみ子と結婚し幸せな家庭が築けるならよしとすべきなんでしょうかね。

以上、べっぴんさんの武(たけちゃん)と明美の結婚について、でした。