とと姉ちゃんの松永についての記事です。松永はとと姉ちゃんでは「裏切り者」と非常に不名誉な役でした。そんな松永ですが俳優さんはよく見るとちょっとイケメンな感じですよね。そこで松永役の俳優さんについて調べたところ、あの名作ドラマの主演だったことが判明しました。

スポンサーリンク

とと姉ちゃんでの松永はどんな役?なぜ常子たちを裏切った?

とと姉ちゃんの松永のフルネームは松永亨です。
「あなたの暮し」の出版社の社員です。

この松永が大東京新聞の記者・国実恒一(石丸幹二)に商品試験のデータを横流ししたことが「偽装疑惑」の発端でしたね。

しかし、松永はなぜ常子(高畑充希)たちを裏切ったのでしょうか?
実は松永が裏切る理由は二つありました。

一つは仕事への不満です。
松永は純粋に編集の仕事をやりたいために「あなたの暮し」出版社に入社しました。

しかし、松永の最近の仕事は
ひたすらアイロンがけをしたり、
ひたすら電気炊飯器のスイッチを入れて炊きあがりを確認したり、
と商品試験の毎日で希望する編集の仕事とは程遠いものでした。

そしてもう一つが金銭面の問題です。
この時、松永は多額のローンを抱えていました。
そのため、「あなたの暮し」を辞めたくても別の出版社のアテがないために辞めることができなかったわけです。

そんな松永に500万円で商品試験の内容とモニター情報を売らないかと持ちかける人物がいました。
松永はその誘いにのってしまい、今回の騒動となったわけです。

結局、松永は常子達に自分の裏切りの事実を伝え、出版社を辞めてしまいました。

松永が常子たちを裏切ったのは23週のことです。
とと姉ちゃんの放送回は次回放送の「べっぴんさん」の開始時期を考えればあと3週となります。

となれば再び松永が再登場するのはちょっと厳しいかもしれませんね。

とと姉ちゃんで松永を演じたのは誰?主演の名作ドラマとは?

とと姉ちゃんで松永亨を演じたのは石田法嗣(いしだ ほうし)さんです。

石田法嗣さんが所属するヒラタオフィスの公式プロフィールがこちらです。

ちなみにヒラタオフィスの公式ページには石田法嗣さんのこんな写真集っぽい紹介ページもあるみたいですね。

実は石田法嗣さんは2006年~2008年の間一度芸能活動を休止していました。
活動休止前は劇団東俳に所属していたのですが、2008年の復帰では所属がヒラタオフィスになっているんですよね。

そんな石田法嗣さんは実はあの名作の「火垂るの墓」で主演をしたこともあります。
「火垂るの墓」といえば真っ先に思い浮かぶのがジブリアニメです。

ただし、石田法嗣さんが出演したのは日テレで放送されたスペシャルドラマの「火垂るの墓」です。
ドラマの「火垂るの墓」は2005年11月1日の火曜21:00からの約3時間の長編ドラマでした。

当時の石田法嗣さんの年齢は15~16才ということになるでしょうか。
演じたのは物語の主人公の横川清太です。

「火垂るの墓」は原作が頭に入るほど何度も見たことがある人って結構いますよね。
それでも、物語のあの悲しすぎる結末には慣れずにどうしても泣いてしまいますよね。

ドラマ「火垂るの墓」も当時としては非常に好評で、視聴率はなんと21.2%を記録しています。
やはり主演の石田法嗣さんの名演技もあってこそでしょうね。

今回のとと姉ちゃんではドラマ「火垂るの墓」に比べるとかなり出番は少ないです。
それでも石田法嗣さんの存在感をとと姉ちゃんで十分に出せたのではないでしょうか?

以上、とと姉ちゃんの松永役の石田法嗣さんについてでした。