とと姉ちゃんの第23週放送の「常子、仕事と家庭の両立に悩む」の「仕事」部分のネタバレです。「あなたの暮し」の目玉企画といえば「商品試験」ですよね。しかし、これがきっかけで電化製品メーカーのアカバネ電器製造と全面戦争状態です。今週決着つくんでしょうか?

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 23週の「仕事」部分を解説!社内で裏切り!?

とと姉ちゃんの23週の「仕事」部分はいきなり波乱のスタートです。

何と22週ラストで仕上がった原稿が捨てられるという事態が発生します。

常子が印刷所に連絡すると、

花山(唐沢寿明)の代理だと名乗る社員から原稿を捨てて欲しいと指示された

とのこと。

もちろん花山はそんなことを指示していません。
当然、常子たちは急遽対応に追われることになります。

不眠不休で何とか発売日までに間に合わせることができました。
しかし、さらに新たな問題が発生します。

それは

「あなたの暮し」の商品試験は偽装だ

という衝撃的な見出しが載った週刊誌の発売です。

一度は相手にするなという花山の言葉に落ち着きを取り戻す社員一同でした。

しかし、商品試験の偽造問題はさらに広がることになります。

何と「あなたの暮し」の商品試験の公平性が問われるという記事が全国紙にも載ってしまったのです。
実は週刊誌も全国紙の掲載も全て記者の国実(石丸幹二)のしわざでした。

国実は常子に

あなたの雑誌には影響力がある

と告げます。

何とかこれで商品試験の偽装問題は決着付くように思われますが、ちょっと後味の悪い話となってしまうんですよね。

実は社員が週刊誌に商品試験の情報を横流ししたということが発覚してしまうのです。
その社員は責任をとって辞めてしまいました。

このことで常子は自分の考えを社員に押し付けていたのではないかと思い悩むことになります。

ちなみに23週ではそれほどアカバネ電器製造からの妨害が本格化してはいないようですが、社長直々に部下の村山(野間口徹)たちに「手段を選ぶな」と指示するシーンがあります。

ですので常子の「仕事」面についてはまだ安心できる状況ではないようなんですよね。

以上、とと姉ちゃんの第23週放送の「常子、仕事と家庭の両立に悩む」の「仕事」部分のネタバレについて、でした。