とと姉ちゃんの第23週放送の「常子、仕事と家庭の両立に悩む」の「家庭」部分のネタバレです。ただし「家庭」と言っても小橋家ではなく星野と常子の話です。22週のラストではいよいよ結婚!?と思われる展開が待っていました。このままうまく行けばよいのですが・・・。

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 22週のラストをちょっとだけネタバレ!星野と常子の間に何があった?

22週のラストに「あなたの暮し」の編集部に一本の電話がかかってきました。

ひょっとしてアカバネからの電話かもしれない
と、常子は他の社員を制し、自らその電話を取ります。

しかし、電話の主は意外な人物でした。

実は電話をかけたのは星野だったのです。
もちろん、常子宛です。

これ、別の意味で他の社員がとっていたら常子にとってはかなり気まずい状況になっていましたね・・・。

※もちろん、周りにはバレバレですし、普通に電話を変わればいいといえば良いのでしょうが・・・。

電話の用件は今度の休みの日に大樹と青葉を連れ、一緒に動物園に行こうというものでした。

常子は星野の誘いを受け、子供たちと動物園に行く約束をした、というのが22週までのネタバレです。

とと姉ちゃん 23週の「おばちゃまの嘘つき」の真相は?1週目のあのシーンを思い出す!?

残念ながら常子の星野たちと動物園に行く約束は実現できませんでした。

原因は約束の日の前日に発生したトラブルでした。
何と、印刷所が「あなたの暮し」の原稿を破棄してしまったのです。

印刷所曰く花山の代理と名乗る社員から原稿を捨てて欲しいと連絡があったとのことですが、明らかに何者かの妨害であることは確かですよね。

※てか、十々八九アカバネ電器製造の酒井か村山のしわざでしょうね。

もちろんこれで諦めてしまっては相手の思う壺です。

何としても原稿は落とすわけにはいかない
と常子は社員を奮起し、不眠不休で対応することになります。

そんなわけで常子は動物園に行けなくなったことを星野に伝えます。

星野は仕方がないと答えますが、子供たちは納得するはずがないですよね。
特に星野の娘の青葉の落胆は相当なものでした。

結果、
おばちゃまの嘘つき
という一言が出てしまったわけです。

しかし、このやり取り1週目で同じようなシーンがあったのを覚えていますか?

そうです、常子の父・竹蔵が急な仕事により家訓の一つであった月の一度のお出かけがなくなってしまいましたよね。
常子は納得していたものの、妹の鞠子と美子の怒りはかなりのものでした。
そして、幼い美子がちょっとした事件を起こしてしまいましたよね。

さすがに青葉は美子の暴走(?)までは行きませんでした。
しかし、出かける約束が仕事の都合でキャンセルになるというのは子供にとっては特に納得できないですよね。

とと姉ちゃん 23週で青葉と和解!しかし、大樹に新たな問題が!?星野も!?

何とか原稿を間に合わせることができた常子でしたが不眠不休で疲労困憊の状態でした。

そんな常子の元を星野が子供を連れ、差し入れの弁当を持って訪れました。

青葉は
わがまま言ってごめんなさい
と素直に常子に謝り、常子もまた
こちらこそ、約束を守れなくてごめんなさい
と青葉に謝ります。

これで常子と青葉は完全に仲直りできたわけですね。

このまま、常子と星野一家の関係が良好であればついに結婚、となるわけですが残念ながらそういうわけにはいきません。

実は星野に急な転勤が決まってしまったのです。
確かに星野は以前実家に近い場所で働きたいと要請を出していました。

しかし、それは二年前の話であり、常子と再会する前のことです。
当時の状況とは明らかに異なるわけで当然星野は辞令の撤回を求めることも考えました。

しかし、あることから星野はその転勤の辞令を受けることになります。
それは大樹が学校でいじめを受けているという理由からでした。

大樹はかつて家庭用電化製品の誤作動により、大やけどを負ってしまいました。
そのやけどの跡を同級生が「気持ち悪い」と言い出し、いじめへと発展してしまったのです。

転勤先は実家の近くですので、星野の両親が孫たちの面倒を見てくれます。
それ以上に職場が自宅に近くなることで星野自身も今まで以上に子供たちにそばにいることができるのです。

再び、東京を離れることになる星野。
一方の常子は「あなたの暮し」の編集部の社長という仕事もありますので、直ぐに東京を離れることはできません。

結局、常子と星野は別れることとなりそうなのですが、一体二人の結末はどうなるのでしょうか?

以上、とと姉ちゃんの第23週放送の「家庭」部分のネタバレでした。