とと姉ちゃん 54話の内容のおさらいと
次週「常子、プロポーズされる」の展開を確認したいと思います。

第9週のサブタイトルは「初任給」でしたが、
翌週には「プロポーズ」といきなりジャンプアップしましたね。

もちろん、プロポーズの相手はあの人、ということになるのですが、
実はあの人にもちょっとした裏事情がある事が判明しました。

果たして、常子のプロポーズの結末はどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 54話の星野の行動を確認!二人は相思相愛!?

常子(高畑充希)にプロポーズする相手といえばあの人しかいません。

そうです。星野武蔵(坂口健太郎)ですね。

※一時期、祖母の滝子(大地真央)は
常子と清(大野拓朗)をくっつけようとしましたが、
この二人の距離が近いシーンは大分減ってきましたね。

54話のラストでも常子が星野と会っていたシーンがありました。
実は最初の喫茶店のシーンで星野は常子に2つの話題を話そうとしていましたが、
そのうち、一つは話すことを辞めていました。

一つは戦地に赴いた弟のことですなのですが、
気になるのはもう一つの話題でした。

その内容こそ、常子へのプロポーズだったのです。

結局、そのときは打ち明けることがなかったものの、
その後の男に「不謹慎だ」と詰め寄られるシーンでは
星野が身を挺して常子を守り、何となく良い雰囲気になっていましたよね。

流石に鈍感な二人でもお互いを意識しているということは間違いないでしょう。

星野にプロポーズを急ぐ理由が?深川を去る!?

実は星野自身、プロポーズを急ぐ理由がありました。

その鍵となるのが54話で星野の下にかかってきた一本の電話です。

星野は深刻そうな顔をしながら、
電話の主に「もうちょっと待って欲しい」と返答していました。

一瞬、
ついに星野も徴兵されるのかな?
と思ってしまいますよね。

しかし、それはありません。
もし星野が本当に徴兵されるということになれば、
赤紙が突然届き、それを拒否する権利はありませんよね。

ここでポイントとなるのが星野が帝国大学の大学院生であることです。

星野は一見するとちょっと行動に心配なところがあるものの
研究者としてはかなり優秀です。

実は電話の内容は星野に大阪の大学に勤務しないか、というものでした。
ついに星野の研究が認められたわけです。

星野としては大変喜ばしいことではあるものの一点だけ心残りがありました。

それが常子です。
自分が大阪に行くことでなれば、当然常子とは離れ離れになります。

そのため、常子にもついてきて欲しいとプロポーズを決心したわけです。

とと姉ちゃん 10週の常子のプロポーズへ答えは?とと姉ちゃん返上!?

54話では星野は行動に移すことができませんでしたが、
次週10週(具体的には57話~58話)でついに常子にプロポーズをします。

常子は自分も星野を意識していたことを自覚していたとはいえ、
「とと姉ちゃん」としての自分の使命のことを考えると
当然思い悩むことになります。

・・・まあ、史実を確認すれば結果は明らかなわけですが、
常子と星野の二人の結末が非常に気になることは確かですよね。

以上、常子のプロポーズエピソードの紹介でした。