とと姉ちゃん 43話のあらすじを紹介します。

8週のサブタイトルは「常子、職業婦人になる」ですが、
実は常子が職業婦人になるのはもう少し先です。

具体的には次回44話から常子は準備を始め、
8週後半の47話でようやく職業婦人になる、という話の流れになっています。

まずはその前に解決しなければならないことがあります。

そうです、鉄郎からは回収が難しいことで常子たちに照準を変えた借金取りのことですね。

スポンサーリンク

常子の秘策とは?星野の会心のヒントとは!?

鉄郎は逃げ、借金取りが付き纏う
と常子(高畑充希)たちには踏んだり蹴ったりな状況です。

もちろん、借金取りが森田屋に乗り込んでくる可能性も否定できません。

場合によっては、森田屋を追い出されても仕方がない状況ではあるのですが、
そこはまつ(秋野暢子)と宗吉(ピエール瀧)です。

口は悪くても人情がある二人にそんなことはできないということでしょうかね。

※と言いながらも、初っ端から小橋家をクビにする、しないで
まつと宗吉が大喧嘩する展開もなぜか想像できてしまうわけですが・・・。

とにかく作れば作るほど、損をするという状況にあるものの
借金取りのことを考えると作らない、というわけにはいきません。

このままいけば小橋家には「絶望」という文字しかないわけですが、
こんな時に助けになるのはやはり星野(坂口健太郎)でした。

常子は星野のヒントにより、借金取りに隠れて
「KT歯磨き」の改良版を作ることにします。

それは練り歯磨きをアルミのチュープに入れる、という方法でした。

これにより従来のKT歯磨きよりも取り出しが簡単になるというわけです。
これなら従来の練り歯磨きを借金取りたちに取られても
改良型で十分取り戻すことができるというわけですね。

常子は借金を出し抜くことができるのか?衝撃の結末は?

1週間後、借金取り(小川直也)たちが森田屋にやってきました。

もちろん、目的は「KT歯磨き」です。
常子は当初の予定通り、改良型の存在を隠し従来型の「KT歯磨き」を渡します。

しかし、鉄郎(向井理)とは違い、
常子たちは人をだますということがあまり得意ではありません。

借金取りは明らかに常子たちの不自然な姿に気が付きます。
そして、あっさり改良型の存在がばれてしまいます。

当然、借金取りたちは激怒し、今にも店内で暴れだしそうな状況でした。

まさに絶体絶命な状況。
そんな時にやってきたのが滝子(大地真央)と隈井(片岡鶴太郎)たち男衆でした。

これ以上、派手に暴れたら、
アタシラが黙っちゃいないよ!

と滝子は借金取りたちに凄みます。

さすがに強面のやくざ者でも数人の屈強な木場の男衆が相手では勝ち目がありませんよね。
借金取りは逃げるように森田屋を後にしました。

これで再び、「KT歯磨き」が売れると喜ぶもつかの間、
実はこの改良型の「KT歯磨き」に致命的な問題があることが発覚します。

こうして、常子のビジネス編は次回44話で完結を迎えます。

とと姉ちゃん 43話のあらすじは以上です。