わろてんかのキャストで北村有起哉さんが演じた「だんしん」についての記事です。

既に放送自体は終了してしまいましたが、10週「笑いの神様」、11週「われても末に」ではだんしんが話の中心でしたね!

団真という人物像はもちろん、おゆう、そして団真を演じる北村有起哉さんの演技もあり、かなり引き込まれる話になっていたというのが私の率直な感想です!

そこで今回は改めてだんしんこと月の井団真についておさらいをしていきましょう!

※ちなみにわろてんかの「だんしん」は「団真」です。「団信」だとちょっと違う意味になってしまうのでご注意ください。

スポンサーリンク

わろてんかのだんしんって誰?改めて確認!

まずは、わろてんかの「だんしん」こと月の井団真について改めて確認してみましょう!

だんしんは「月の井」という名前が付く通り、「だんご」こと月の井団吾と同じ落語家です。

元々は先代の月の井団吾の一番弟子で、現在の団吾の兄弟子となります。団真の落語の実力も中々のもので特に「崇徳院」が十八番でした。

しかし、ある時、先代団吾の娘のお夕と駆け落ちをしたことで月の井を破門されてしまいました。

※実際には、団真は今の団吾と出会い、自分の落語の才能に絶望して落語を止めることにした、というのが11週で明らかになりました。

それから、落語家としては売れない毎日を過ごし、ついには「団吾」の名前を騙り、代金をツケにして食い逃げをする、という堕落した毎日を送ることになります。

※10週「笑いの神様」で籐吉が団真と出会ったのはこの時のことです。

その後、てんが団真の妻・お夕と知り合ったこともあって、団真を何とか立ち直らせるために奔走します。

一度はてんと籐吉、団真とお夕の夫婦仲が険悪なものになりましたが、その後お互い仲直りをし、団真も再び落語で注目される存在になったというのが「だんしん」についての一連の話でしたね。

わろてんかのだんしんを演じた北村有起哉ってどんな人?奥さんが超美人!?

今回、わろてんかでだんしんこと月の井団真を演じたのは北村有起哉さんです。

まずはプロフィールから。

生年月日 1974年4月29日(43歳)
出生地 東京都
身長 179 cm
血液型 O型

北村有起哉さんのお父さんの北村和夫さん、それにお姉さんの北村由里さんも実は俳優(女優)さんです。言ってみれば俳優一家ということになるでしょうかね。

そんな北村有起哉さんですが、過去にこんなドラマ、映画に出演しています。

  • 運命の人
  • 刑事のまなざし
  • 駆込み女、駆出し男
  • TRICK
  • 狙撃

もちろん、北村有起哉さんの出演作は他にもたくさんあるのですが、これだけでも早々なラインナップですよね。

※ちなみに上の5作品はU−NEXTで見ることができます。「運命の人」「刑事のまなざし」「駆込み女、駆出し男」はコチラから登録すれば31日間無料で見放題なので、一度チェックしてみるのもいいですよね!

北村有起哉の過去の出演作品の動画を見るならコチラ!
↑↑↑ 北村有起哉の過去の出演作品の動画を見るならコチラ!

ちなみに北村有起哉さんは女優の高野志穂さんと2013年に結婚し、2014年11月には長男が誕生しています。高野志穂さんの写真がこちらです。

北村有起哉さんが演じていた団真も奥さんのお夕が美人でしたが、リアルでも北村有起哉さんの奥さんは美人ということですね!

実は高野志穂さんは2002年放送の朝ドラ「さくら」でヒロインを演じたことがあります。そう考えると何となく不思議な感じがしますよね!

以上、わろてんかのだんしんと演じた北村有起哉さんについてでした。最後までご覧いただきありがとうございました!