わろてんかの8週のネタバレについての記事です。実はわろてんかの第8週では3つの重要なポイントがあります。それだけにわろてんかの中では見逃せない1週間となりそうなんです。

そこで今回はわろてんか8週の重要なイベントについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

わろてんか 8週はいつ放送?あらすじをざっくりとネタバレ!


わろてんかの第8週の放送は11/20(月)~11/25(土)です。サブタイトルは「笑売の道(仮)」ということで、まさに「笑いの商売」が本格的に始動するというような意味が含まれているようにも見えますね!

※あくまで仮のタイトルなので、実際のサブタイトルは変更になる可能性もあります。

8週では寄席小屋「風鳥亭(ふうちょうてい)」を開業してから3ヶ月後の話です。風鳥亭は客の入りも決して悪くなく一見すると順調にも見えるのですが、実際は利益はほとんど出ていなかったんです。

その理由の一つが寺ギンへの支払いでした。寺ギンといえば先々週の6週「ふたりの夢の寄席」では風鳥亭の前身となる「鶴亀亭」の買収争いで登場した人物です。実は風鳥亭がそれなりに盛況なのも寺ギンが芸人の元締めであり、出演者選びをしてくれることもあってのことなのです。

ただし、その代わり売上の7割を寺ギンに渡す契約となっており、そのためてんたちの手元にはほとんとお金が残らない状況だったんですね。

そのため、てんたちは何とかこの状況を打破しようと色々と策を講じていく、というのがわろてんか8週の内容となるわけです。

実はそんなわろてんかの8週ですが、3つの注目ポイントがあるんですよね。

わろてんか 8週の重要ポイント(イベント)をネタバレ!

わろてんか 8週「笑売の道」では以下のポイントに注目です!

  1. 藤吉の母・啄子の協力
  2. てんの父・儀兵衛の死
  3. てんと藤吉の結婚

早速それぞれのポイントを紹介していきましょう!

藤吉の母・啄子の協力

藤吉の母・啄子といえば、「笑いの商い」には大反対でした。そして、てんと藤吉の結婚にも反対していましたね。

そんな啄子がついにてんたちの寄席小屋の経営に協力することになります。というか、「見るに見かねた」というのが正しいところなんでしょうかね・・・。

きっかけは藤吉たちが始めた「客の回転率を上げる」ための秘策でした。その方法とは夏の始めの暑い時期にもかかわらず客席の隅に火鉢を置くというものでした。当然部屋の中の暑くなるので客はたまらずすぐに出ていくというわけです。しかし、この方法は「わざわざそんな環境の悪いところに行かない」という理由でそもそも客足が遠のくという致命的な弱点があったのです。

これを聞いた啄子は姑息な真似をするな、と藤吉たちを叱り、客のことを考えた経営をするようにと進言します。そして、これを機に啄子もまた、風鳥亭の経営に協力することになります。

※ちなみに啄子は風鳥亭が一人前になったのを見届けると、藤吉たちの前から立ち去ることになります。

てんの父・儀兵衛の死

わろてんか8週では残念ながらてんの父・儀兵衛が亡くなってしまいます。とは言っても、てんは儀兵衛さの最期を看取ることはできず、風太から報告を受けることになってしまいます。

※てんの兄・新一は最期のシーンは放送されない、いわゆる「ナレ死」状態でしたが、儀兵衛も同じ扱いになってしまうんでしょうかね。

風太がてんに儀兵衛の死を報告したのは四十九日を過ぎた頃でした。6週でてんは藤岡屋に借金の工面に行ったことがありましたが、実はその時儀兵衛は既に病にかかっていたのです。そう言われてみるとその時の儀兵衛の調子はあまり良くなかったようにも見えますよね・・・。

もちろん、儀兵衛は病気のことは決しててんに言わないようにと家族にきつく命じていました。自分のことでてんの商いの妨げになることは絶対に避けたい、という儀兵衛なりの親心だったんでしょうね。

結局、儀兵衛とてんの最後のシーンは6週のてんが借金を工面をしにいった夜に二人で庭の雪を見たシーンということになってしまいました。まあ、そのシーンがあったのがある意味救いでもあったとも言えるのですが・・・。

てんと藤吉の結婚

やはり、一番のポイントはてんと藤吉の結婚でしょう!3週ラストで藤吉がてんにプロポーズ(?)してから、ようやく8週で二人は結ばれたわけです。放送時期から見れば随分と時間が経ってしまいましたよね。

※ちなみにわろてんか上の時の流れとしてみれば、2年くらいが経過しています。

てんと藤吉の結婚についてはこちらに詳細をまとめました。

実は次の9週「女のかんにん袋(仮)」では一気に2年が経ちます。それだけに8週では一つの区切りを迎えることになるわけですね!

以上、わろてんか 8週「笑売の道(仮)」のネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました!