わろてんかの14週「みんなの夢」のネタバレ記事です。14週では13週に登場した「乙女組」が話の中心の一つとなりそうなんですよね。

しかし、この乙女組、なんと14週でいきなり解散の危機に陥ってしまいます。一体どういうことなんでしょうか?

スポンサーリンク

わろてんか ネタバレ 14週①ホームシック!?大阪暮らしに馴染めない!?

てん(葵わかな)と籐吉(松坂桃李)は島根県安来から4人の踊り子 とわ(辻凪子)、都(大後寿々花)、なつ(畦田ひとみ)、あや(鈴木珠予)の女性を大阪につれてきました。

そして、この4人の乙女に「安来節乙女組」と名前をつけ、寄席で売り出すことにします。

早速、てんと籐吉は乙女組立ち上げに動き出します。しかし、乙女組のメンバー間での喧嘩が絶えず、「安来節乙女組」の踊りも中々上達しませんでした。残念ながら今の状態ではとても人前に出せるような状態ではありません。

中でもとわは踊りが上達しないばかりか、大阪でも暮らしにも慣れずに一人思い悩んでいました。

わろてんか ネタバレ 14週②隼也幼くして駆け落ち!?

乙女組が踊りで苦戦している中、てんもある問題を抱えていました。それは一人息子の隼也(南岐佐)のことでした。

ある日、隼也は同級生と喧嘩し、ケガを負わせてしまいます。

てんは隼也に喧嘩の理由を問い詰めます。しかし、隼也は反抗的な態度を取り、決してその理由を言おうとしませんでした。

とわがこの光景を見ていました。すると、とわはあることを決心します。何と、このやんちゃな少年・隼也を連れて家出をすることにしたのです。

もちろん、とわの家出は失敗に終わります。伊能(高橋一生)がとわの怪しい行動を察知し、未遂に終わったわけです。

てんは伊能から隼也の家出未遂の話を聞くと、自分は「母親失格だ」と深く落ち込んでしまいました。

わろてんか ネタバレ 14週③心機一転!しかし、前途多難!?

とわは乙女組の仲間の一人・都の説得によって、もう一度稽古に真剣に取り組むことを決意します。

このことで「安来節乙女組」のメンバーの絆はより一層深いものとなりました。しかし、肝心の「安来節」の踊りはまだまだ課題が残るものでした。

そこで風太(濱田岳)はある特別講師を呼び出すことにします。それはリリコ(広瀬アリス)でした。

風太は4人の踊りには艶っぽさが足りない、ということでリリコに稽古をつけてもらうことにしたのです。

リリコは風太の頼みを快諾し、さっそくリリコの特別稽古が始まります。しかし、リリコのあまりにもスパルタすぎる指導に4人の乙女たちは早速根を上げることになってしまいました。

わろてんか ネタバレ 14週のまとめ

わろてんかの13週、14週を見たところだと、乙女組の話はもう少し続きそうですね。「安来節乙女組」のデビューは15週ということになるんでしょうか。

4人の乙女の安来節で大阪中が笑いに包まれる日が非常に楽しみですよね!

わろてんか ネタバレ 追加情報:乙女組デビューは14週!?

確認したところ、14週で新コーチのリリコに反発していた安来節乙女組でしたが、実はその週のうちに問題は解決することが判明しました。

具体的には、実際にリリコの言うとおりにしてみたらうまくいった、ということでお互いを信頼するようになったとのことです。

また、リリコと乙女組の関係だけでなく、乙女組内でもさらにチームワークがよくなっていき、徐々に仕上がっていきました。

そして、いよいよ乙女組の高座デビューの日が来ます。実は、乙女組はこの日のためにリリコと一緒にある秘策を用意していました。

ただの安来節では終わらなさそうなその秘策の内容が非常に気になりますよね!

以上、わろてんか 14週「みんなの夢」のネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました!