わろてんか 15週のネタバレです。わろてんか 14週のラストでいきなりキースが渡米宣言をしてしまいましたね。元々は「安来節乙女組」の成功祝だったのが意外な方向に話が進んでいくことになってしまいました。

ところでそのキースですが、実は15週で再び登場することが明らかになりました。渡米したはずのキースに一体何が起きたんでしょうか?

スポンサーリンク

わろてんか ネタバレ 15週の内容は?


わろてんか 15週のサブタイトルは「泣いたらあかん」です。ちなみにわろてんかの1週のサブタイトルは「わろたらアカン」でしたが、これってわろてんかの後半の本編の第1週が15週からという意味なんでしょうかね?

※まあ、単なる偶然だとは思うのですが・・・。

さて、15週では「泣いたらあかん」という名前が付くくらいですから、当然泣きたくなるようなことが起こるというわけです。

わろてんかの15週の予告映像を見たところ、どうやら大地震が発生したようなシーンもありました。ですので、15週では史実での「関東大震災」がわろてんかでも発生するということなんでしょうね。

15週ではこの震災が元で2つの意外な事実が判明します。その一つはキース(大野拓朗)のことです。そして、もう一つは何と伊能(高橋一生)のことなんですよね。

わろてんか ネタバレ 15週で明らかになる2つの新事実とは?

それではここで、わろてんかの15週「泣いたらあかん」で明らかになる2つの新事実についてネタバレしていきましょう!

わろてんか 15週でキースが再登場の理由は?

まずはキースのことから確認しましょう。結論から言ってしまうと実はキースは日本にいたんです。確かにキースは大阪の北村笑店から一度は渡米したようです(本人談)。しかし、その後帰国し浅草の小料理屋で世話になりながら芸人活動をしていたというわけです。

それが明らかになったのが、14週「みんなの夢」の時代から2年後の大正12年(1923年)のことでした。北村笑店は「安来節乙女組」の成功はもちろん、その他の興行も好調で、まさに藤吉(松坂桃李)が言っていた「日本一の笑いの殿堂」に向かっていきました。

そこで藤吉はついに東京進出も視野に入れることにしました。そして、藤吉は東京の寄席を回り、落語家たちに自分たちの寄席に出てほしいと交渉をして回っていました。そんなときに藤吉は意外な人物と再会します。それがキースだったんですよね。キースは浅草の寄席でチャップリンのモノマネ芸を披露していました。

キースはアメリカでチャップリンの芸を取得し、東京で和製チャップリンとして一旗挙げるつもりだと藤吉に話します。そのとき、藤吉はキースにアサリ(前野朋哉)が2年間で4人も相方を変えている話をします。その上で北村笑店に戻ってこないかと提案しますが、キースは東京で寄席を開いたときに参加できる芸人がおらんやろ、と笑って答えます。

このまま、藤吉が大阪に帰れば「キースが東京で頑張っていたわ」で話は終わってしまうのですが、実はここで物語は急展開を迎えます。ちょうど藤吉が東京に向かったのは大正12年の8月末のことでした。

実はこの年の9/1に関東大震災が発生するんです。わろてんかでももちろん関東大震災のエピソードは再現しました。

藤吉はちょうど帰りの汽車の中だったので、途中で汽車が止まるというトラブルこそあれ被災を逃れることができました。しかし、藤吉は東京にいるキースのことが心配になり、風太(濱田岳)を東京に派遣します。

そしてキースは一旦大阪に戻ってきます。ただし、その時キースはある女性を連れてきます。その女性はキースが「東京のお母ちゃん」と呼んでいる記憶喪失の女性・志乃(銀粉蝶)でした。

※ちなみに志乃が記憶喪失になったのは関東大震災で頭を打ったのが原因です。

わろてんか 15週で明らかになる伊能の意外な過去とは?

キースが母親のように慕っていた志乃ですが、実は伊能と非常に関係のある人物でした。

伊能は北村笑店で志乃の姿を見ると明らかに動揺しました。それはてん(葵わかな)と藤吉から見ても明らかでした。事情を聞くと実は志乃は中学の時に伊能を捨てた実の母親だったことが判明します。

伊能は自分を捨てた志乃を許せない反面、それとは別の複雑な感情も入り混じり苦悩していました。一方、志乃は記憶を失っているため、伊能が自分を見て苦しそうな表情をしているのが心配でした。

そんなある日、志乃は記憶を取り戻します。すると、すぐに東京に帰ることを決意します。

てんは志乃と伊能に和解をしてもらおうとお別れの会を開催することにします。お別れの会では中々伊能がその場に現れず二人の和解はほぼ絶望的な状況でした。

しかし、終了直前にやってきた伊能に対してキースが話したあることがきっかけで志乃との和解に至りそうなんですよね。その鍵となるのは伊能の下の名前の「栞(しおり)」でした。実は志乃は「栞」という名前にある強い思いを込めていたのです。

わろてんか ネタバレ 15週のまとめ

わろてんかの14週のラストでキースの登場は最後かと思い「キースロス」になる前にちゃっかり再登場しましたね(笑)。15週でキースは大阪に戻ってきましたが、この後北村笑店に戻るのか、それとも東京に帰るのかどっちなんでしょうかね。

そして、わろてんかでは常にクールだった伊能でも動揺するんだな、という意外な一面を見せるのも15週です。何とか志乃とは和解できそうな予感もするのですが、それでも再び離れ離れになってしまうんでしょうかね。ちょっと気になります。

実は翌週16週は15週からさらに6年ほど時代が進むことになります。実は16週では以前から気になっていた「藤吉の安否」に関わるエピソードも描かれることになります。それだけにここ数週間はこれまで以上に目が話せない展開になりそうですね!

以上、わろてんか 15週「泣いたらあかん」のネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました!