わろてんかの17週についてのネタバレ記事です。実は17週についてはこちらで一度ネタバレ予想をしたのですが、新事実が分かってきたので改めて紹介したいと思います。

実はネタバレ予想で書いていた藤吉関係で1週引っ張るのではないか?という話ですが、どうやらそれが現実味を帯びてきました。しかし、17週のサブタイトルを見ると何とも気になるんですよね・・・。

スポンサーリンク

わろてんか 17週のサブタイトルをネタバレ!いつ放送


わろてんかの17週の放送は1/22(月)~26(土)です。気がつくとわろてんかもあと2ヶ月と少しになってしまいました。気がつくと随分あっと言う間でしたよね。

さて、気になる17週のサブタイトルですが、こちらで確認できた情報では「ずっと、わろてんか」です。

・・・なんか藤吉が倒れた直後だけに非常に意味深なタイトルですよね。しかも実は16週の「笑いの新時代」の予告映像でもてん(葵わかな)が病床の藤吉(松坂桃李)に似たようなセリフを言っていたような気がします。

※16週の予告映像を改めて確認してみたら、てんのセリフは「藤吉さん、わろてんか」でした。

逆に「ずっと、わろてんか」は藤吉のてんへの最期の言葉にもなりそうです。「ずっと、わろてんか」の意味を考えれば考えるほど藤吉の運命が非常に心配になってしまいますよね。

わろてんか 17週のあらすじは?少しだけネタバレ!

ここで、気になるわろてんかの17週のあらすじをちょっとだけ紹介しましょう。17週「ずっと、わろてんか」ではこんなことが起きます。

  • 藤吉が職場に復帰
  • 藤吉が再び倒れる
  • キースとアサリの新しい芸が誕生

最初と最後はいいニュースなのですが、真ん中の内容がそれを打ち消すほどにかなり悪いニュースですよね。

17週のあらすじをざっくりと説明すると、藤吉が仕事に復帰すると直ぐに東京の寄席の視察に向かいます。東京には最新の演芸がありました。そこで藤吉は大阪の北村笑店に帰り、芸人たちに「100年後も続いているような万歳(まんざい)を作れ」と檄を飛ばします。

キースとアサリは藤吉の檄に感化され、「しゃべくり万歳」という新しい芸を考案します。しゃべくり万歳は二人のトークだけで人を笑わせる、という今まで以上にしゃべりが重要となる芸です。もちろん、キースのトークだけでもアサリのトークだけでもダメで二人のテンポのよい掛け合いも必要となるわけです。

その一方で藤吉はそれまで北村笑店の経理に専念していたてんに興行師の仕事を教えます。

そんな中藤吉は再び倒れてしまいます。16週「笑いの新時代」では一度は奇跡の回復を果たすことになりましたが、今回は日に日に藤吉の病状が悪化していきます。

そして、藤吉はてんに今まで秘めていたある思いを打ち明ける、というのが17話の簡単なあらすじです。17週のラストはまだ明らかにはなっていませんが、藤吉は一体どうなってしまうのでしょうか?

わろてんか 17週のネタバレのまとめ

わろてんか 17週「ずっと、わろてんか」のあらすじを見るとどうも藤吉は自分の今後の運命を悟っていたようにも感じます。

北村笑店の芸人たちに新しい芸を作れと檄を飛ばしたり、てんに自分がやってきた興行師の仕事を伝えたりといった行動は自分がいなくなっても大丈夫なように何かを残したかったようにも見えます。

実は17週では藤吉の母・啄子(鈴木京香)も久しぶりに登場します。この啄子も藤吉がいなくなる前にもう一度会いに来たというのは考え過ぎでしょうか?

こうなると藤吉役の松坂桃李さんともうすぐ登場する予定の隼也役の成田凌さんが共演できるのか、非常に気になってしまいますよね。

追加情報:わろてんか18週ネタバレ速報!

わろてんかの18週のあらすじ情報を入手できました!

詳しくはこちらの記事にまとめましたが、やはり籐吉の運命は・・・、というのが正直な感想でしょうか。

以上、わろてんかの17週のネタバレ速報でした。最後までご覧いただきありがとうございました!