とと姉ちゃん 33話のあらすじを紹介します。

常子たちの学費を援助していたのが実は隈井ではなく滝子であることを知った君子。
案の定、君子は滝子の家に乗りこむことになります。

そして、険悪な二人の仲は最悪の状態となります。
滝子は君子はもちろん、常子たち3姉妹とも会うことを辞めてしまいます。

ここまで来るともはや当事者だけではどうしようもありません。
そんな時に天の助けがやってきます。

その天の助けとは浜松からやってきたある人物でした。一体誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 33話で滝子と君子の関係が最悪になったとき 美子もとばっちり!?

酒に酔った隈井(片岡鶴太郎)から常子たちの学費の真実を知った君子(木村多江)は
直ぐに滝子(大地真央)の家に駆け込みます。

君子は滝子が常子たちの学費を援助する目的が
常子が卒業した後に清(大野拓朗)の嫁にし青柳商店を継がせるため
と思い込んでいました。

このため、君子は今後の学費の援助を一切断り、

もう関わらないでください。
私の稼ぎだけで、あの子たちと暮してみせます。

と滝子に言い放ち、立ち去ります。

それから君子は常子たちを養うために今まで以上に働くことになります。

いつものように森田屋で朝から夕方まで働き、その後も内職を入れ、
それこそ寝ずに朝まで働いている状況でした。

明らかに体を壊しかねないほど無理を重ねる君子のことを常子は心配します。

一方、滝子も君子だけでなく孫たちの関わりを絶つことを決意します。

実は3姉妹の末っ子である美子(根岸姫奈)は特に滝子に懐いていました。
小橋家が青柳商店を出て行った後も
美子は度々滝子に甘え、おやつをもらっていたのです。

しかし、今回の件で滝子はそんな美子に対しても
悪いけど帰っておくれ
と追い返すこととなります。

美子は突然の滝子の変貌に寂しさを募らせることとなります。

浜松から天の助けが!?竹蔵の使い!?

常子と鞠子は久々に懐かしい人物に再会します。

その人物とは遠州浜松染工の杉野社長(田山涼成)でした。
遠州浜松染工は亡き父・竹蔵(西島秀俊)が勤めていた会社です。

また、竹蔵が亡くなったあと、しばらくは会社として
小橋家の生活を援助していたこともありました。

杉野いわくたまたま東京に出張だったため、小橋家に挨拶に来たとのことでした。

杉野は君子に挨拶するために青柳商店の中に入ろうとします。
しかし、当然君子は滝子との一件で青柳商店にはいませんよね。

常子と鞠子は慌てて杉野をとめ、事情を話します。
すると杉野は君子と滝子がまだ和解していないことを知り、驚きます。

常子たちは逆に杉野がなぜ青柳商店の滝子のことを知っているのか
と驚くことになるわけですが・・・。

杉野は

きっと、時効だにぃ

と呟き、ある事実を告白します。

それは父・竹蔵のことだったのです。

実は竹蔵は二人を和解するために君子たちには内緒である行動を起こしていました。
その詳細については34話で明かされることになります。

以上、とと姉ちゃん 33話のあらすじでした。